「フリーミアム」と「マネタイズ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「フリーミアム」と「マネタイズ」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「フリーミアム」「マネタイズ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「フリーミアム」とは?

「フリーミアム」とは?

「フリーミアム」とは、基本的な部分は無償ですが、もっと使いやすくする為の追加機能や、オプションとなる仕組みは全て有料だという提供のことです。

近年の多くのスマホゲームがこのいい例で、ダウンロードや基本プレイは無料なものの、特別なアイテムや機能は課金をしないと使えない仕組みになっています。

その他にも、チャットワークのようなビジネスでの利用を前提としているSNSにも多く、それらもまずは無料で使えますが、本格的に利用するなら有料の追加機能が必須となる仕組みになっており、このような提供方法は、現在ではすっかりビジネスモデルとして確立しています。

「マネタイズ」とは?

「マネタイズ」とは?

「マネタイズ」とは、収益が得られる仕組みを指します。

「そのアイデアは、どんなマネタイズになるの?」のように使われる言葉で、どういう仕組みでお金が入ってくるのかと聞いていることになり、利用者から月額料金を払ってもらうといったような答えになります。

単に物やサービスを販売するだけではないビジネスでは、これがしっかりしていないと成り立ちません。

例えば、先のようなスマホゲームでは、「アイテム課金」というマネタイズになっているということです。

「フリーミアム」と「マネタイズ」の違い

「フリーミアム」と「マネタイズ」の違い

「フリーミアム」「マネタイズ」の違いを、分かりやすく解説します。

これらの言葉は、「フリーミアム」は、現在では月額料金制での提供となる「サブスク」と並び、分野を問わず、多くに採用されている「マネタイズ」だという関係になります。

特に、スマホゲームは、この「マネタイズ」によってヒットしたと言っても過言ではないでしょう。

最初からお金を払うのでは、ユーザーの獲得はなかなか難しいものの、基本プレイまでは無料なら、とりあえず始めてみようと思う人も多いからです。

まとめ

まとめ

「フリーミアム」「マネタイズ」は、このような言葉です。

「フリーミアム」は、そのような「マネタイズ」だと覚えておけばいいでしょう。