スポンサーリンク

「拒否」と「辞退」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「拒否」と「辞退」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「拒否」「辞退」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「拒否」とは?

「拒否」とは?

「拒否」とは、断ることの表現になります。

「それは拒否する」といったように使われますが、多少強めに断るというニュアンスになる為、使うシチュエーションには注意が必要です。

「拒否します」「断らせてください」では、前者の方が強く断っているニュアンスになります。

「拒否された」と受け身で使った時にも、ある程度強く断られたと言っていると考えていいでしょう。

その為、断りたい時でも、無闇に「拒否します」と使うのはおすすめできず、特にビジネスにおいては気を付けないといけません。

間違っても、上司や取引先に対して用いてはいけません。

「辞退」とは?

「辞退」とは?

「辞退」も、断ることには変わりありませんが、遠慮するという意味になる為、比較的柔らかいニュアンスで使うことができる言葉です。

丁寧にする場合には、「謹んで辞退させていただきます」とすると、ビジネスシーンでも何の問題もなく、断りの表現としてことができます。

「辞退します」と使っただけでも悪いイメージにはならない為、特に相手を選ばずに無難な断りの表現になると考えて構いません。

「拒否」と「辞退」の違い

「拒否」と「辞退」の違い

「拒否」「辞退」の違いを、分かりやすく解説します。

「拒否」は、ある程度強く断るという解釈になる為、使い方には気を付けないといけない言葉です。

「辞退」は、柔らかく断りの意を伝えるのに適しており、上司や年配の人に対して使っても何の問題もありません。

どちらも意味自体は似ていますが、言葉が表すニュアンスが異なる為、使い分けが必要になります。

どうしても断りたいという場合に、多少強めに出ることができる相手の場合のみ、「拒否」が使えると考えていいでしょう。

まとめ

まとめ

「拒否」「辞退」は、このような違いになります。

「辞退」と使っておけば、表現的に問題になることはまずないと覚えておくといいでしょう。