スポンサーリンク

「制約」と「誓約」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「制約」と「誓約」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、同音になる「制約」「誓約」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「制約」とは?

「制約」とは?

「制約」とは、言動に対して条件を付けることの表現です。

それがあることで、自由にはできないということが分かり、「制約から、それはできない」などと使われます。

やってはいけないという禁止事項に用いられるもので、「表現の制約」があった時には、相応しくない表現は使ってはいけないと禁止されておあり、「行動の制約」は、自由に行動できる範囲に条件が付いているという意味になると考えてください。

「誓約」とは?

「誓約」とは?

「誓約」とは、強く約束することです。

必ず守るという意味で使う言葉で、「そう誓約する」と使うと、その約束した内容を必ず守ると言っていることになります。

「誓約した」「誓約して欲しい」「誓約を破った」などと、「約束」という言葉と同じような使い方になり、それよりも強い表現になると覚えておけばいいでしょう。

「制約」と「誓約」の違い

「制約」と「誓約」の違い

「制約」「誓約」の違いを、分かりやすく解説します。

「制約」は、言動に条件が付けられることを表します。

「海外旅行に制約がある」と使われた時には、それに行ってはいけない、もしくは行ける国や地域に条件があることだと分かります。

「誓約」は、強い約束の表現になり、必ずそれを守るという意味から使われます。

「誓約書」という形で、書面にて必ず守る内容を記すこともあり、それだけ「強く約束する」という解釈になると考えていいでしょう。

尚、この「せいやく」と読める言葉には、他にも「製薬」「成約」などがある為、変換の際にはそれらと間違えないように注意してください。

その前者は薬を作ることで、後者は売買が成立することです。

まとめ

まとめ

「制約」「誓約」は、このように違います。

「誓約」としたからには、絶対にその内容は守らないといけないと考えていいでしょう。

この言葉は、それだけの決意から用いられます。