「affection」と「love」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「affection」と「love」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「affection」「love」の違いを分かりやすく説明していきます。

「affection」とは?

「affection」とは?

「affection」とは、愛情、慈しみ、好意、愛着といった感情を表す名詞です。

この言葉の愛情とは、人、物、場所などをさします。

一時的な愛情ではなく、持続していて深いといった時に使います。

「love」とは?

「love」とは?

「love」は、愛している、愛情、大事にしている、とても好きといった意味でよく使われる言葉です。

男女の恋愛に使うことが多いですが、もともとは、異性ではなく家族や親しい友達に対しての愛情を示す言葉だったとされています。

愛情を示す言葉として一般的に使います。

「affection」と「love」の違い!

「affection」と「love」の違い!

「affection」「love」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉はどちらも愛情という意味を持っているのは共通点となります。

しかし、微妙な意味の違いがありますので、必要に応じて使い分けるようにしましょう。

まず「love」ですが、この言葉は、愛情を表す言葉として、よく知られています。

恋人、愛する人、家族、親友などに対して、「軽い好き」ではなく強い愛情を表すことができます。

ただその愛情の程度は人によっては違います。

つまり一般的に使うならば「love」が適当ということになります。

一方で「affection」です。

こちらは、燃え上がる男女の愛というよりは、温かくて長く続いている愛情といった意味合いになります。

自分に対して甘えてくる存在、愛情をたくさんかけるべき相手(子どもなど)に使うことになります。

イメージで言うならば「love」は情熱、燃えるような恋愛といったもので、「affection」は持続的で、深い愛情、慈しみの心といったことになります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「affection」「love」という二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも「愛情」という意味を持っています。

内容的に違う「愛情」ですので、合っている方に使い分けるようにしましょう。