「URL」と「URI」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「URL」と「URI」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「URL」「URI」の違いを分かりやすく説明していきます。

「URL」とは?

「URL」とは?

「URL」とは、“Uniform Resource Locator”が略された言葉で、ネットでのいわゆる「アドレス」のことです。

例えば、ヤフージャパンの場合、“https://www. yahoo. co. jp”がトップページの「URL」だといった使い方になります。

ホームページだけでなく、ダウンロードの為のアドレスもこの「URL」と表現でき、アップローダに上がっているファイル類の場合、“https://www. up-loder. jp/upfiles/xxx. zip”のような特定のファイル名まで指定されたものがそれと呼ばれます(※このダウンロードアドレスは架空のものです)。

「URI」とは?

「URI」とは?

「URI」は、“Uniform Resource Identifier”の略で、先の「URL」も含む、アドレスに関する定義という解釈になる言葉です。

その為、“https://~”のようなものではなく、例えると、「自動車」と言っているようなものです。

その自動車の中で、メーカーや車種、モデルなどまでの指定が「URL」になり、自動車を購入しようと思った場合、そこまで指定しないとどの車なのか分かりません。

つまり、「URI」は具体的なものではなく、“https://”がハイパーテキスト形式のウェブページことで、“xxx. jp”がドメイン名だといった内容やそれぞれの意味、どう組み合わせて使われるといったような内容になります。

「URL」と「URI」の違い

「URL」と「URI」の違い

「URL」「URI」の違いを、分かりやすく解説します。

「URI」は、「URL」のルールが定義されたものだと解釈していいでしょう。

よって、サイトごとに違うものではなく、それに沿って作られる「URL」が各アドレスと呼ばれるものになるという関係です。

「URL」は、ホームページやダウンロードするファイル類によって異なりますが、「URI」は、そのようなものではなく、その構成に関する決まりだと考えてください。

まとめ

まとめ

「URL」「URI」は、このように違います。

一般には、「URL」の方だけ覚えておけば問題なく、「アドレス」と言い換えてしまって構いません。