スポンサーリンク

「少子化」と「少子高齢化」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「少子化」と「少子高齢化」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「少子化」「少子高齢化」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「少子化」とは?

「少子化」とは?

「少子化」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「少子化」「しょうしか」と読みます。

「少子化」は、「子供の数が減少すること」という意味があります。

ある国の人口の中で、子供の割合が減ってきたとき、「少子化が進む」などと言われます。

夫婦2人が、2人以上の子供を産むことで、プラスマイナスゼロとなります。

しかし、夫婦に子供がいなかったり、産んだとしても1人だけだった場合は、人口がマイナスに転じ、子供の数が少なくなっていきます。

子供は成長すると大人になり、その国の経済を支えることになるため、「少子化」が進むことで、経済を支える構成員が少なくなることなります。

日本でも「少子化」が進んでおり、低所得者層が増え、結婚したり、子供を作るのが難しくなったことが原因とされています。

「少子化」の状況は出生率で測ることができますが、日本は1・5を下回る状況となっています。

日本だけでなく様々な国が「少子化」の問題を抱えています。

「少子高齢化」とは?

「少子高齢化」とは?

「少子高齢化」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「少子高齢化」「しょうしこうれいか」と読みます。

「少子高齢化」「少子化」「高齢化」が同時に進むことを意味します。

「高齢化」は、人口における高齢者の割合が増えることを指します。

年齢65歳以上の老年人口が増大した社会は、「高齢化社会」と呼びます。

現在の日本はまさに「少子高齢化」が進んでいて、高齢者の人口が多いのに対して、若者の人数がとても少なくなっています。

その結果、労働人口が少なくなる上に、高齢者の増加によって、社会保険料の負担が大きくなってしまいます。

人口における65歳以上の人口の割合を「高齢化率」と言います。

2020年の日本の高齢化率は、3割に迫る勢いとなっていて、「少子超高齢化社会」と呼ぶことができる状態になっています。

この状況を打破するため、国民が安心して結婚し、子育てができるような社会にすることが求められています。

「少子化」と「少子高齢化」の違い

「少子化」と「少子高齢化」の違い

「少子化」「少子高齢化」の違いを、分かりやすく解説します。

「少子化」は、「子供の数が減少すること」という意味があります。

一方で、「少子高齢化」「少子化」「高齢化」が同時に進むことを意味します。

このように、「少子化」は、子供の人口が少ない状態を指し、「少子高齢化」は、子供が少なく、高齢者の割合が多くなることを意味します。

まとめ

まとめ

「少子化」「少子高齢化」の違いについて見てきました。

日本は、「少子高齢化」が進んでいる社会なので、どのようにして「少子化」の問題を解決するかが大きな問題とされています。

このように、「少子化」「少子高齢化」の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物