スポンサーリンク

「市営住宅」と「県営住宅」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「市営住宅」と「県営住宅」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「市営住宅」「県営住宅」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「市営住宅」とは?

「市営住宅」とは?

「市営住宅」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「市営住宅」は、「しえいじゅうたく」と読みます。

「市営住宅」「市が所有している住宅で、比較的収入の少ない低所得者向けの低家賃住宅」という意味があります。

申し込み開始日時時点で、市に在住しているか、勤務している人が対象となります。

賃貸するときに、住宅の築年数や間取り、広さによって、また、世帯収入などにより、家賃が変動するという特徴があります。

管理は指定管理会社が行い、問い合わせや抽選の申し込みなどを担当します。

「市営住宅」を賃貸するためには審査があり、これまで家賃を滞りなく支払っているかどうかを確かめられるため、銀行通帳のコピーなどが必要となります。

このようなことから、「収入が低いが、結婚して家族を持つことになったため、広い市営住宅に引っ越すことにした」という文章や、「市営住宅に入居するため、審査に必要な銀行通帳のコピーを管理会社に送る」などという文章を作ることができます。

「県営住宅」とは?

「県営住宅」とは?

「県営住宅」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「県営住宅」「けんえいじゅうたく」と読みます。

「県営住宅」は、「県が所有している住宅で、比較的収入の低い低所得者向けの低家賃住宅」という意味があります。

「市営住宅」と同じで、高い家賃の支払いが苦しい人向けの賃貸住宅になります。

「県営住宅」は、県内在住の人が対象となり、地域から希望する賃貸物件を選ぶことができます。

ファミリー向けの募集が多く、二人以上世帯、3人以上世帯という条件が付く場合があります。

人気の高い物件の場合は、抽選の倍率が高く、時には100倍以上になることもあるようです。

このようなことから、「県営住宅に入るためには、高倍率の抽選で当てなければいけない」などという文章を作ることができます。

「市営住宅」と「県営住宅」の違い

「市営住宅」と「県営住宅」の違い

「市営住宅」「県営住宅」の違いを、分かりやすく解説します。

「市営住宅」「市が所有している住宅で、比較的収入の少ない低所得者向けの低家賃住宅」という意味があります。

一方で「県営住宅」は、「県が所有している住宅で、比較的収入の低い低所得者向けの低家賃住宅」という意味があります。

このように、「市営住宅」「県営住宅」の違いは、所有者が、市か、県かという違いだけです。

入居条件などは、住んでいる都道府県、市区町村により違いがあるため、実際に入居したいと思うエリアで、調べてみる必要があるでしょう。

まとめ

まとめ

「市営住宅」「県営住宅」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、希望の賃貸物件を探すときに役立つのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物