「運営」と「管理」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「運営」と「管理」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「運営」「管理」の違いを分かりやすく説明していきます。

「運営」とは?

「運営」とは?

「運営」とは名詞で、意味は組織、機構などを動かす、上手く機能するようにすることを言います。

「運営者」とは、ある組織などを動かしている人という意味で使います。

「運営方針もはっきりしていないし、関わる気はない」「運営が上手くいっていない」「私が会を運営しているが、来年は別の人に任せるつもりだ」などと使います。

「管理」とは?

「管理」とは?

「管理」とは、名詞である組織を取り仕切る、施設など良い状態を維持するという意味で使います。

「ここの管理人は仕事をしていないようだ、館内が荒れている」「私は管理を任されているだけで詳しいことはわかりません」「業務管理をしています」などと使います。

「運営」と「管理」の違い!

「運営」と「管理」の違い!

「運営」「管理」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも同じような意味合いに思えますが、違いがあります。

正しい意味を理解していきましょう。

まず「運営」ですが、これは組織、機構などを動かすこと、上手く機能するようにするという意味があります。

一方で「管理」ですが、これはすでにあるものを「取り仕切る」「維持する」といった意味合いで使います。

新たに立ち上げるといった意味合いではないのです。

ですから「運営を管理されている」といった日本語も成り立ちます。

これは組織などを主導して動かすのではなく、すでにできあがっている形を維持するその維持の為にある程度の権限を任されて取り仕切るといった意味合いになります。

ですから「運営者」「管理者」という言葉にも分かれます。

もしも、一人ですべてを取り仕切り手伝いの者をだれ一人いれないのであれば「運営者」「管理者」は同一人物ということもあるでしょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「運営」「管理」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

この二つの言葉はそれぞれ違う意味を持っています。

正しく理解してふさわしい言葉を選ぶようにしてください。