「コンサルティング」と「コンサルタント」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コンサルティング」と「コンサルタント」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コンサルティング」「コンサルタント」の違いを分かりやすく説明していきます。

「コンサルティング」とは?

「コンサルティング」とは、「専門的な立場から知識・経験・実績・ノウハウに基づき、企業・組織団体の依頼に応じて各種の助言(アドバイス)を与える行為やその業務」を意味している言葉です。

「コンサルティング」は英語で表記すると“consulting”であり、“consult”という「相談する・相談に乗る(相談を聞く)」を意味する動詞に由来しています。

「コンサルティング」を事業として行う会社のことを、「コンサルティングファーム」といいます。

「コンサルタント」とは?

「コンサルタント」とは、「企業・組織団体の相談に乗って助言を与えるコンサルティングを行う人」「専門的なコンサルティング業務を職業(仕事)にしている人」を意味しています。

「コンサルタント」というのは、「専門的な立場から経験・知識・理論などを駆使して、企業経営の問題点の発見とその解決を進めながら、経営戦略の実戦的なサポートや助言を行う人」を意味しているのです。

「コンサルティング」と「コンサルタント」の違い!

「コンサルティング」「コンサルタント」も、「企業や組織の経営戦略・事業成長についての相談業務」に関連する言葉です。

しかし、「コンサルティング」というのは「企業の経営・事業・立て直しに関連する相談業務そのもの」を意味していて、「コンサルタント」「企業・組織をクライアントにした専門的な相談業務を行う人」を意味しているという違いがあります。

例えば、「私は飲食業の経営立て直しを得意とするコンサルタントです」ということはできますが、「私は飲食業の経営立て直しを得意とするコンサルティングです」というと意味がおかしくなってしまいます。

「コンサルティング」は、「企業・組織に助言を与える相談業務そのもの」を意味しているからです。

この場合、「コンサルティング」を正しく使用するのであれば、「私が専門としていて得意なコンサルティングは、飲食業の経営立て直しに関するものです」の文章になるといった違いがあるのです。

まとめ

「コンサルティング」「コンサルタント」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「コンサルティング」とは「企業・組織をクライアントにした専門的な相談業務」を意味していて、「コンサルタント」「コンサルティングを業務(仕事)として行う人」を意味している違いがあります。

「コンサルティング」「コンサルタント」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。