「ドリルドライバー」と「インパクトドライバー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ドリルドライバー」と「インパクトドライバー」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ドリルドライバー」「インパクトドライバー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ドリルドライバー」とは?

「ドリルドライバー」とは、「ネジ締めの用途に特化して、トルク力を調整することができストッパー機能(クラッチ機能)もついた電動工具」です。

「ドリルドライバー」の特徴は、「打撃」がなく「回転」だけによってネジ(ビス)を適度に締め付けられることで、締め付けすぎによるもろい材料の破損やネジ溝がナメることを防ぎやすくなっています。

「ドリルドライバー」「トルク調整・クラッチ機能のついたネジ締めの工具」なので、「コンクリートをはじめとする穴あけ」の用途には向きません。

「インパクトドライバー」とは?

「インパクトドライバー」とは、「ネジ締め・穴あけ・ボルト緩めなどの用途で使われるもので、本体に強い負荷がかかった時に回転方向の打撃を与えてネジ(ビス)を締め付けたり緩めたりできる電動工具」です。

「インパクトドライバー」の特徴は、「回転」するだけではなく「(回転方向への)打撃・振動」を与えてネジ(ビス)を締め付けられるところにあります。

「インパクトドライバー」には六角軸のプラスやマイナスのビット、ソケットビット、穴あけ用のキリなどを装着できますが、「コンクリートの穴あけ」はできません。

「ドリルドライバー」と「インパクトドライバー」の違い!

「ドリルドライバー」「インパクトドライバー」「電動で回転することでネジ(ビス)を締める工具」という点では共通していますが、回転しながら打撃も与える「インパクトドライバー」のほうが用途が多くなっています。

「ドリルドライバー」は打撃のない回転だけの電動工具で、「インパクトドライバー」よりも「トルク力を調整しながら材料やネジ溝を破損しにくいネジ(ビス)の締めつけ」を行える違いがあります。

「インパクトドライバー」はビットに尖ったキリを装着することで木材に穴を開ける作業ができますが、「ドリルドライバー」は基本的に「穴あけ作業の用途」には使えない違いも指摘できます。

まとめ

「ドリルドライバー」「インパクトドライバー」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ドリルドライバー」「ネジ締め・木材の穴あけができる回転しながら打撃を与える電動工具」で、「インパクトドライバー」「ネジ締めに特化した締めつけ過ぎによる材料破損を防げる電動工具」であるという違いがあります。

「ドリルドライバー」「インパクトドライバー」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。