スポンサーリンク

「まだ」と「未だ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「まだ」と「未だ」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「まだ」「未だ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「まだ」とは?

「まだ」とは?

「まだ」は、そのような状態、状況にはなっていないという表現に使う為の言葉です。

「まだあの人は来ないようだ」とすると、対象になる人が来ている状態にはなっていないと言っており、「まだ完成しない」と使われた時には、完成という状況に至っていないことが分かります。

「まだもうちょっと掛かる」「まだ無理そうだ」などと色々な使い方がありますが、いずれもその後に続くことが満たされていない、そうとはなっていないことを意味する言葉で、これらはもう少し終わりそうにない、少し無理なままだろうのように解釈してください。

「未だ」とは?

「未だ」とは?

「未だ」は、「いまだ」と読む言葉で、先の「まだ」の状態が長く続いている時に使われる表現となっています。

「まだ連絡が来ない」とした時には連絡が来ている状況になっていない、つまりは連絡がないことになりますが、これを「未だ、連絡なし」のようにすると、ずっと連絡がない状態のままだという解釈になります。

つまり、それ(そうなること)をずっと待っているのに、達成されていないことの表現だと考えていいでしょう。

「まだ」と「未だ」の違い

「まだ」と「未だ」の違い

「まだ」「未だ」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも後に続ける状態、状況にはなっていないという意味には変わりませんが、「まだ」は、それほどその状態が長いという訳ではない場合に用いられる言葉で、「未だ」は、比較的長い間その状態だと表現する為に使います。

よって、「まだ無理だ」は、もう少しそうとはなりそうにないと解釈でき、「未だ無理な状態だ」と使った時には、無理と呼ばれる状況が長く継続していると考えることができます。

まとめ

まとめ

「まだ」「未だ」は、このような使い分けになる言葉です。

ちょっとした時間で「未だ」とすると大袈裟な表現になってしまうので、それには注意が必要です。

特に基準がある訳ではありませんが、ごく普通に考えるとそうなっていてもおかしくないと思われる時間、期間を大幅に過ぎている場合に用いてください。