「話し方」と「口調」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「話し方」と「口調」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「話し方」「口調」の違いを分かりやすく説明していきます。

「話し方」とは?

「話し方」とは?

「話し方(はなしかた)」とは、「話の仕方(しかた)・人と話をする時の態度や様子」のことを意味している言葉です。

例えば、「その方は、品のある話し方をする老婦人でした」といった例文で使用することができます。

「話し方」という表現には、「言葉遣い・声の大きさ・話すスピードや抑揚など、話をする時の方法(やり方)・技術」といった意味合いもあります。

例えば、「人を説得して乗り気にさせる話し方にはコツがあります」といった例文で使用されます。

「口調」とは?

「口調」とは?

「口調(くちょう)」とは、「口に出した時の言葉の調子・感じ」のことを意味している表現です。

「口調」という言葉には、「声の出し方(声の感じ)・言葉遣い(言葉の使い方)などに現れたその人らしい特徴」といった意味合いもあります。

例えば、「同じ内容であっても口調によって相手が受け取る印象は大きく変わります」「彼女はいつもきつい口調で注意をしていました」といった例文で使うことができます。

「話し方」と「口調」の違い!

「話し方」と「口調」の違い!

「話し方」「口調」「話をする時の仕方・方法」という意味合いでは共通していますが、「話し方」という言葉は「口調」よりも「話の仕方・話す時の態度」に意味の重点が置かれています。

「口調」という表現は「声に出した時の言葉の調子・感じ」を意味していて「音声言語の調子」に意味の重点がありますが、「話し方」という言葉は「話の方法や技術・話す時の態度」に意味の重点があるという違いを指摘できます。

例えば、「人と雑談を楽しむための話し方を習っています」という文章を、「人と雑談を楽しむための口調を習っています」に書き換えることはできないという違いがあるのです。

それは「口調」「話す時の声の調子・声の出し方や言葉遣いのその人らしい特徴」を意味しているからで、「口調」「話し方(話す時のやり方)」とは違って「人から教えてもらえるような方法・技術」ではないのです。

まとめ

まとめ

「話し方」「口調」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「話し方」という言葉は「声の大きさ・抑揚・スピード・言葉遣い・間合いなど、言葉を話す時の方法や技術」を意味していて、「口調」という表現は「言葉を口に出した時の言葉の調子・声の出し方や言葉遣いなどに現れた特徴」を意味している違いがあります。

「話し方」「口調」の意味の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。