スポンサーリンク

「アイスクリーム」と「シャーベット」違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アイスクリーム」と「シャーベット」違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アイスクリーム」「シャーベット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アイスクリーム」とは?

「アイスクリーム」とは?

「アイスクリーム」の意味と概要について紹介します。

「アイスクリーム」の意味

「アイスクリーム」は、「原料である牛乳などに空気を含ませて冷やし固め、クリーム状にしたお菓子のこと」です。

乳固形分15. 0パーセントであり、そのうち乳脂肪分8. 0パーセント以上のものに対して「アイスクリーム」と表記されます。

「アイスクリーム」の概要

一般的に「アイスクリーム」と呼ばれる食品は、乳固形分や乳脂肪分の含まれる割合により以下の3つに分類されます。

1つ目は、乳脂肪分8パーセント以上のもので「アイスクリーム」と呼ばれます。

2つ目は、乳脂肪分3パーセント以上のもので「アイスミルク」と呼ばれます。

3つ目は、乳脂肪分がそれ以下のもので「ラクトアイス」と呼ばれます。

「アイスクリーム」は、古代ローマで発達した食べ物で、王族など身分の高い人達が、氷に蜜や果汁などをかけて食べていたものが始まりと言われています。

その後世界に伝わり、乳脂肪分が加えられる様になり、現在の「アイスクリーム」になりました。

「シャーベット」とは?

「シャーベット」とは?

「シャーベット」の意味と概要について紹介します。

「シャーベット」の意味

「シャーベット」「フルーツジュースやフルーツピューレを凍らせたもののこと」です。

乳固形分は3. 0パーセント未満とされています。

「シャーベット」の概要

「シャーベット」は、果汁で作ったシロップに氷を加えた飲み物を表すアラビア語が語源とされています。

食品衛生上は「氷菓」と呼ばれ、乳固形分3. 0パーセントの凍ったお菓子のことです。

サラサラとした口当たりで、さっぱりとした味わいが特徴です。

「アイスクリーム」と「シャーベット」の違い!

「アイスクリーム」と「シャーベット」の違い!

「アイスクリーム」は、「基本的にはミルクの入った氷菓子のことですが、厳密には乳脂肪分8. 0パーセント以上であること」になります。

「シャーベット」は、「フルーツジュースなどを凍らせたもので、乳固形分3. 0パーセント未満であること」になります。

まとめ

まとめ

今回は「アイスクリーム」「シャーベット」の違いをお伝えしました。

この2つの違いは、「乳固形分が3. 0パーセント以上か以下か」であると覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物