スポンサーリンク

「かけうどん」と「素うどん」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「かけうどん」と「素うどん」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「かけうどん」「素うどん」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「かけうどん」とは?

「かけうどん」とは?

「かけうどん」の意味と概要について紹介します。

「かけうどん」の意味

「かけうどん」は、「うどんを茹でたものに、だし汁をかけたもののこと」です。

「かけうどん」の概要

「かけうどん」は、「だし汁をかけたうどん」が省略されたことばです。

基本的に「だし汁」のみで、うどんの具として一般的な「油揚げ・たまご・天ぷら」などは乗っていません。

うどんチェーン店の「かけうどん」では、ネギやショウガなどの薬味を自分の好みで乗せられるところもあります。

「かけうどん」は、関東地方で使われている表現で、関西では「素うどん」と呼ばれています。

関東地方では、うどんのだし汁は濃い目でカツオだしと濃口醤油yで作られることが多くなります。

「素うどん」とは?

「素うどん」とは?

「素うどん」の意味と概要について紹介します。

「素うどん」の意味

「素うどん」「すうどん」と読みます。

「そうどん」と読み間違えない様にしましょう。

意味は「具材が乗っていない、うどんにだし汁をかけたもののこと」です。

「素うどん」の概要

「素うどん」も、「油揚げ・たまご・天ぷら」などの具が乗っていない、うどんとだし汁だけのものを言います。

基本的には「かけうどん」と同じものと思って良いでしょう。

「素」「もと」とも読み、「ありのままの状態」「簡単なこと」という意味があります。

うどんにだし汁をかけただけという、最もシンプルな状態であることから「素うどん」と呼ばれています。

「素うどん」は、関西地方で使われている表現です。

関西地方では、だし汁は色が薄く、昆布だしと薄口醤油で作られることが多くなります。

「かけうどん」と「素うどん」の違い!

「かけうどん」と「素うどん」の違い!

「かけうどん」は、「ゆでたうどんに濃い目のだし汁かけた、関東地方で食べられているうどん」です。

「素うどん」は、「ゆでたうどんに薄めのだし汁をかけた、関西地方で食べられているうどん」です。

まとめ

まとめ

今回は「かけうどん」「素うどん」の違いをお伝えしました。

「かけうどんは関東地方」「素うどんは関西地方」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物