スポンサーリンク

「チューハイ」と「サワー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チューハイ」と「サワー」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チューハイ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チューハイ」とは?

「チューハイ」とは?

「チューハイ」の意味と概要について紹介します。

「チューハイ」の意味

「チューハイ」は、「ベースとなる飲み物に、焼酎を加えて炭酸で割った飲み物のこと」になります。

「チューハイ」の概要

「チューハイ」は、焼酎の「酎」とハイボールの「ハイ」が組合わさってできた言葉です。

ハイボールとは、ウイスキーの炭酸割りのことであり、焼酎を使って炭酸割にするので「チューハイ」と名付けられました。

基本的には、焼酎をベースにして果汁などを加えて、炭酸で割ったアルコール飲料ですが、中にはウーロンハイや緑茶ハイの様に炭酸を加えないチューハイもあります。

現在では「缶チューハイ」として人気があり、アルコール度が強いものや、果汁感を強調したものなどがあります。

「サワー」とは?

「サワー」とは?

「サワー」の意味と概要について紹介します。

「サワー」の意味

「サワー」は、「スピリッツに柑橘系のジュースを加えて炭酸で割った飲み物のこと」になります

「サワー」の概要

「サワー」は英語の“sour”(酸味)」が語源になっている言葉です。

基本的にはスピリッツをベースにして、柑橘系の果汁と、甘みのあるシロップなどを加えてカクテルを作り、炭酸で割った飲み物のことです。

ただし、最近では「チューハイ」「サワー」の区別があいまいになっていて、居酒屋ではほぼ同じ意味で使われています。

「チューハイ」と「サワー」の違い!

「チューハイ」と「サワー」の違い!

「チューハイ」は、「焼酎がベースで、果汁などを加えて炭酸で割った飲み物」のことです。

「サワー」は、「スピリッツがベースで、果汁などを加えて炭酸で割った飲み物」のことです。

まとめ

まとめ

今回は「チューハイ」「サワー」の違いをお伝えしました。

本来は「チューハイ」「焼酎ベース」で、「サワー」「スピリッツベース」なのですが、最近では混同されていると思って良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物