「代償行為」と「代償行動」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「代償行為」と「代償行動」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「代償行為」「代償行動」の違いを分かりやすく説明していきます。

「代償行為」とは?

「代償行為(だいしょうこうい)」とは「個人(人間)のある欲求が満たされない場合に、その欲求を別の対象・形式によって代理的に満たそうとする行為」を意味しています。

「代償行為」という表現は、「個人的(主観的)・意図的・日常的な文脈」「本来の欲求を別の欲求に置き換えて満たす場合」に使われることが多くなっています。

「代償行為」「行為」とは、「個人がある意志や目的を持って意識的にする行い」を意味する言葉です。

「代償行動」とは?

「代償行動(だいしょうこうどう)」とは、「ある欲求が充足できない場合に、その欲求とは異なる類似の欲求を満たすことで満足しようとする行動」を意味しています。

「代償行動」は、「人間」だけではなく「動物」にも使われる概念です。

「代償行動」という言葉は、「心理学的(学術的)・客観的な動物行動も含めた文脈」「本来の欲求を別の類似した欲求に変えて満足する場合」に使われるケースが多くなります。

「代償行動」「行動」とは、「実際に身体を動かして何かする行い・人だけではなく動物や集団も含めて身体を動かして何かすること」を意味しています。

「代償行為」と「代償行動」の違い!

「代償行為」「代償行動」「ある目標に向かう本来の欲求が満たされない場合に、その欲求と類似した別の欲求を代理的に満たして満足する行い」を意味している点では共通していますが、「代償行為」のほうが「代償行動」よりも「個人(人間)の意識的な行い」を意味しているところが違います。

「代償行為」「個人的・主観的・意識的な人間(個人)の行い」を前提として使われる言葉ですが、「代償行動」「学術的・客観的・身体的な人間だけではない動物も含めた行い」を前提として使われる違いを指摘できます。

そのため、「摂食障害の代償行為の苦しみ」のほうが「摂食障害の代償行動の苦しみ」よりも適切であり、「ストレスによるサルの代償行為」よりも「ストレスによるサルの代償行動」のほうが適切なのです。

まとめ

「代償行為」「代償行動」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「代償行為」とは「個人的・主観的な文脈における本来の欲求とは異なる類似の欲求を満たす行為」を意味していて、「代償行動」「学術的・客観的な文脈における、人だけではない動物・集団も含めた本来の欲求とは異なる類似の欲求を満たす行動」を意味している違いがあります。

「代償行為」「代償行動」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。