「見える」と「見つける」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「見える」と「見つける」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「見える」「見つける」の違いを分かりやすく説明していきます。

「見える」とは?

「見える」とは、「ある対象を視覚でとらえることができる(視覚で見ることができる)」「視覚の機能(能力)によって、ある物事を知覚することができること」を意味している動詞の言葉です。

例えば、「50メートル先の小さな文字でも見えます」「目が見えるようになりました」などの例文で使用することができます。

「見つける」とは?

「見つける」とは、「ある対象・物事を発見すること」「新しい何かを見出すこと・気づくこと」を意味している動詞の言葉です。

「見つける」という表現は、必ずしも「目で見て発見すること」だけを意味しているのではなく、「新しい物事などに気づくこと・抽象的な事柄に気づくこと」も意味しています。

例えば、「新しい無人島を見つけました」「新しい方法を見つけることに成功しました」といった文章で使われます。

「見える」と「見つける」の違い!

「見える」「見つける」の違いを、分かりやすく解説します。

「見える」「見つける」「見るという視覚に関連している言葉」という意味では共通していますが、「見える」という表現は「視覚である対象をとらえて見ることができること」を意味しています。

「見える」「視覚の見る機能(見る能力)によって、ある事物・対象を知覚(認識)することができること」を意味していますが、「見つける」という表現は「ある物事・対象を発見すること」「新しいものを見出すこと・新しい何かに気づくこと」を意味しているという違いを指摘できます。

例えば、「ここから見えます」という文章は「ここからある対象を視覚の能力でとらえられること(認識できること)」を意味していますが、「ここから見つけました」「ここからある何かを発見したこと」を意味している違いがあるのです。

まとめ

「見える」「見つける」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「見える」とは「ある対象・事物を視覚で見ることができること」を意味していて、「見つける」「ある対象・事柄を発見すること」「新しい何かを見いだすこと」を意味している違いがあります。

「見える」「見つける」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。