「上映」と「公開」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「上映」と「公開」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「上映」「公開」の違いを分かりやすく説明していきます。

「上映」とは?

「上映」とは?

「上映」の意味と概要について紹介します。

「上映」の意味

「上映」「じょうえい」と読みます。

意味は、「動く映像をうつして観客に見せること」とです。

「上映」の概要

「上映」は、一般的に映画を映して人に見せることを言います。

映画とは「スクリーンなどに画像を映し出すこと」「フィルムに撮影された動きのある画像」という意味です。

つまり、一度動画として撮影したもものを、スクリーンなどに移して観客に見せることを「上映」と言うのです。

「上映」「上」「公の場に出す」という意味で、「上演」「上場」などに使われます。

人が目の前で演じる芝居や舞踊、或いは音楽のコンサーとなどは「上映」ではなく「上演」になります。

「上映」は基本的に「映像作品」を表す言葉であり、「上映スケジュール」「上映時間」「上映会」と言う場合、映画などの映像作品のことになります。

「公開」とは?

「公開」とは?

「公開」の意味と概要について紹介します。

「公開」の意味

「公開」「こうかい」と読みます。

意味は「広く一般の人に入場・出席・傍聴・観覧・使用などを許すこと」です。

「公開」の概要

「公開」は、一般的に、ものごとやイベントにおいて、一般の人に見ることを許すことを言います。

一般の人がそのイベントに参加したり、その場所を訪れたりして見ることを表します。

「公」「おおやけ」とも読み、「国家や政府」「個人の立場を離れて社会全体にかかわること」「表だつこと」という意味、「開」「ひらく」とも読み「閉じふさがっていたものをあけ広げる」「ものごとを始める」「会などを催すこと」という意味があります。

「公開」は、映画に限らず、イベントや施設など、観覧するものに対して使います。

「上映」と「公開」の違い!

「上映」と「公開」の違い!

「上映」「映像作品をうつして観客に見せること」です。

「公開」「広く一般の人にものごとやイベントを見ることを許すこと」です。

まとめ

まとめ

今回は「上映」「公開」の違いをお伝えしました。

「上映は映像を見せる」「公開は映像やイベントなどを見せる」と覚えておきましょう。