「新玉ねぎ」とふつうの「玉ねぎ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「新玉ねぎ」とふつうの「玉ねぎ」の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「新玉ねぎ」とふつうの「玉ねぎ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「新玉ねぎ」とは?

「新玉ねぎ」とは?

「新玉ねぎ」の意味と概要について紹介します。

「新玉ねぎ」の意味

「新玉ねぎ」「しんたまねぎ」と読みます。

意味は、「玉ねぎを収穫してから、乾燥させずにすぐに出荷されたもの」です。

「新玉ねぎ」の概要

「新玉ねぎ」は、玉ねぎを収穫した後、乾燥させずに出荷されたもののことを言い、普通の玉ねぎと同じ品種です。

ただし、乾燥させない分柔らかくてみずみずしい状態で、茶色い皮はありません。

辛みや苦みが少なく、甘味が多い為に、生でもすぐに食べられます。

但し、水分が多いので、炒めものには不向きです。

玉ねぎには血液をサラサラにする「酸化アリル」「ビタミンB1」という成分が含まれています。

これらの成分は、水に溶けやすく、熱に弱いのですが、「新玉ねぎ」の様に生で食べれば、栄養を逃さず摂取できます。

「新玉ねぎ」は3月~5月頃に店頭で見かけるもので、夏から冬にかけては出回りません。

「玉ねぎ」とは?

「玉ねぎ」とは?

「玉ねぎ」の意味と概要について紹介します。

「玉ねぎ」の意味

「玉ねぎ」は、「収穫をしてから、1ヵ月程乾燥させて保存性を高めてから出荷されたもの」です。

「玉ねぎ」の概要

「玉ねぎ」は、収穫されるのは春ですが、保存性を高める為に、1ヵ月程乾燥させてから出荷されます。

しっかり乾燥させることで身が引き締まり、調理の際に崩れにくくなります。

生で食べると辛みが強いのですが、火を通せば甘味が引き立ちます。

日持ちがするので常温保存が可能で、1年を通してスーパーで購入できます。

「新玉ねぎ」とふつうの「玉ねぎ」の違い!

「新玉ねぎ」とふつうの「玉ねぎ」の違い!

「新玉ねぎ」は、「収穫してからすぐに出荷される玉ねぎで、生でも食べられるもの」です。

「玉ねぎ」「収穫してから乾燥させて出荷される玉ねぎで、日持ちがするもの」です。

まとめ

まとめ

今回は「新玉ねぎ」とふつうの「玉ねぎ」の違いをお伝えしました。

「春先に出回る白っぽいのが新玉ねぎ」「1年中手に入る茶色いのが玉ねぎ」と覚えておきましょう。