スポンサーリンク

「ぶっ掛けうどん」と「釜玉うどん」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ぶっ掛けうどん」と「釜玉うどん」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんは「ぶっ掛けうどん」「釜玉うどん」のどちらがお好みでしょうか?

そこでこの記事では、「ぶっ掛けうどん」「釜玉うどん」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ぶっ掛けうどん」とは?

「ぶっ掛けうどん」とは?

「ぶっ掛けうどん」「ぶっかけうどん」と読みますが、「つけ汁につけるのが面倒なことを考慮して、出汁をぶっかけたことからその名がついたうどんのこと」であり、ねぎ・しょうが・天かすを始め、すりごまなどの風味を足したり、薬味を乗せて自分の好に合わせて食べることができます。

「釜玉うどん」とは?

「釜玉うどん」とは?

「釜玉うどん」「かまたまうどん」という読み方になるうどんで「すばやく生玉子を混ぜて、出汁醤油をかけて食べるうどん」を指しています。

「釜玉うどん」は讃岐定番のうどんであり、その味は「玉子かけうどん」という感じなります。

「ぶっ掛けうどん」と「釜玉うどん」の違い

「ぶっ掛けうどん」と「釜玉うどん」の違い

ここで「ぶっ掛けうどん」「釜玉うどん」の違いを整理してみましょう。

どのような違いになるのでしょうか? 「ぶっ掛けうどん」「出汁をぶっかけるということから命名されたうどんのこと」で、つゆは100cc程度の少量麺に直接かける濃いつゆとなっています。

一般的に出汁はいりこの味が効いているものが多く、それにみりんを混ぜた甘い出汁になっているものもあります。

一方の「釜玉うどん」「茹でたてのうどんに生卵を絡めて生醤油やつゆなどを掛けて食べるうどんのこと」を指しています。

ちなみに「釜玉」「釜揚げ」「玉子」のことを言っているのです。

「ぶっ掛けうどん」の例文

「ぶっ掛けうどん」の例文

ここで「ぶっ掛けうどん」の例文を考えてみましょう。

具体的には以下のようなものなります。

・『最近、仕事帰りにぶっ掛けうどんを食べるのが、俺の中でプチ人気になっているんだ。だってあの素朴なあ味が最高なんだから。それに腹持ちもいいしね』
・『あそこのぶっ掛けうどんって、100円で食べることができるんだ。給料前はすごく助かるよ。あのうどん店がなかったら、最悪だな』

「釜玉うどん」の例文

「釜玉うどん」の例文

次に「釜玉うどん」の例文について考えてみることにします。

以下のようなものが挙げられます。

・『最近、このあたりに釜玉うどん専門店が結構増えらたような気がするな。かなりブームってことなんだね。でも、まだ1度も食べたことがないんだ』
・『1度釜玉うどんを食べて見てよ。本当に美味しんだから。あの出汁の甘味が何とも言えないよ。でも、どうせ食べるなら、あそこのお店がいいよ。何せ安くでボリュームがあるからね』
最近は「釜玉うどん」のチェーン店が増えているので、身近なお店になってきた感があります。

まとめ

まとめ

ここまで「ぶっ掛けうどん」「釜玉うどん」の意味と違いを説明してきました。

どちらもチェーン展開しているお店が出て来ていますが、どちらが美味しいかは、人それぞれの好みでしょう。

何れにしても安くてサクッと食べることができるありがたいメニューであることは間違いありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物