「告別式」と「葬儀」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「告別式」と「葬儀」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「告別式」「葬儀」の違いを分かりやすく説明していきます。

「告別式」とは?

「告別式」とは?

「告別式」の意味と概要について紹介します。

「告別式」の意味

「告別式」「こくべつしき」と読みます。

意味は「故人に最後のお別れを告げる為の儀式のこと」です。

「告別式」の概要

「告別式」「葬儀」のうちの一つで、故人を弔った後に行う、最後のお別れを告げる儀式のことを言います。

「葬儀」自体は宗教色が強いのですが、「告別式」は宗教に囚われることはなく、一般会葬者も参加できる式典です。

最近では「葬儀」の中に「告別式」が組み込まれていることが多くなります。

告別式は、出棺前の最後の儀式であり、火葬場まで同行するのは、遺族や親族などに限られているので、一般会葬者は時間に遅れない様にしましょう。

「葬儀」とは?

「葬儀」とは?

「葬儀」の意味と概要について紹介します。

「葬儀」の意味

「葬儀」「そうぎ」と読みます。

意味は「故人を弔う儀式」「故人を弔う儀式から、火葬までの一連の儀式の総称」になります。

「葬儀」の概要

「葬儀」には、大きく分けて2つの意味があり、使い方に迷う人も多くいます。

1つめの意味は、一般的な「お葬式」のことで、お通夜の翌日に行われる、読経やお焼香などの儀式のことを言います。

2つ目の意味は、故人が亡くなってから火葬までの一連の儀式の総称で、「お通夜」「葬式」「出棺」「火葬」も含めた全ての流れのことを言います。

基本的に「葬儀社」という業者がある様に、一般的には2つ目の意味で、全てをひっくるめて「葬儀」と使うことが多くなります。

「告別式」と「葬儀」の違い!

「告別式」と「葬儀」の違い!

「告別式」「葬儀の一つで、故人と最後のお別れをする儀式のこと」です。

「葬儀」「故人が亡くなってから火葬までの一連の儀式の総称」です。

まとめ

まとめ

今回は「告別式」「葬儀」の違いをお伝えしました。

「告別式は儀式のひとつ」「葬儀は全ての儀式の総称」と覚えておきましょう。