「親友」と「友達」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「親友」と「友達」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「親友」「友達」の違いを分かりやすく説明していきます。

「親友」とは?

「親友」の意味と使い方について紹介します。

「親友」の意味

「親友」「しんゆう」と読みます。

意味は「友達の中でも、特にお互い心を許し合える人のこと」です。

「親友」の使い方

「親友」は、友達の中でも、相手に対して信頼が大きく、プライベートなことでも話せる様な関係の人のことです。

自分を偽らずに素直になれて、言いたいことを言い合える相手に対して使われます。

「親友」は仲が良いのは当然ですが、言いたいことを言い合う関係ですので、ケンカをすることも多くあります。

但し、ケンカをしても恨みに思わず、お互いの言いたいことを受け入れて仲直りが出来て、それ以降は更に絆が深まるのです。

離れていても、しばらく会わなくても、変わらずに付き合える間柄です。

「友達」とは?

「友達」の意味と使い方について紹介します。

「友達」の意味

「友達」「ともだち」と読みます。

意味は「普段から親しく付き合える人のこと」です。

「友達」の使い方

「友達」は、日常生活で、直接会っておしゃべりをしたり、食事やショッピングに出かけたり、メールやLINEのやり取りをする様な親しい関係の人ことを言います。

職場にいる同年代の人のこともあれば、趣味の関係で知り合った人など、つながりはバラバラなこともあります。

お互い顔見知りなだけで「友達」と言う人もいたり、連絡を取り合ったり一緒に食事に出かける人を「友達」と言う人もいたりと、人により定義が違ってきます。

「親友」と「友達」の違い!

「親友」「友達のなかで、特に心を許し合える関係の人」です。

「友達」「日常で親しく付き合っている人のこと」です。

まとめ

今回は「親友」「友達」の違いをお伝えしました。

「親友は友達の中でも特に大切な人」「友達は普段からつきあえる人」と覚えておきましょう。