スポンサーリンク

「昨年」と「去年」の違いとは?徹底解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「昨年」と「去年」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「昨年」「去年」は、一体どこが違うのでしょうか。

それぞれの意味と違いについて紹介します。

スポンサーリンク

「昨年」とは?

「昨年」とは?

「昨年」の意味と概要について紹介します。

意味

「昨年」は、「今年の前の年」という意味です。

「昨」「ひとまわり前の」を表す漢字で、「昨年」「ひとまわり前の年」という意味なのです。

概要

「昨年」はやや改まった表現で、ニュースや新聞などの公的な文章や、ビジネスメール、年賀状など真面目なシーンで使われます。

これは「夕べ」の代わりに「昨夜」と言うのと同じです。

因みに2年前は「一昨年」と書き、会話などでは「おととし」と読みますが、改まった場では「いっさくねん」と言うこともあります。

「去年」とは?

「去年」とは?

「去年」の意味と概要について紹介します。

意味

「去年」「今年の前の年」という意味で、「昨年」と同じです。

「去」「去る」という意味を持ち、「去年」は文字通り「過ぎ去った年」のことです。

概要

「去年」は歴史的に古い言葉ですが、カジュアルな表現で日常会話で使われ、ニュースなど改まった場で使われることはあまりありません。

また、「去」という文字は「疎遠になる」「離れる」「亡くなる」という意味で使われることもあり、縁起が良くない感じとされています。

特に結婚式などでは「忌み言葉」として避けるべきです。

因みに2年前は「去去年(きょきょねん)」といいますが、一般的には「一昨年」が使われます。

「昨年」と「去年」の違い!

「昨年」と「去年」の違い!

「昨年」「去年」「今年の前の年」という同じ意味です。

違いは「昨年」が丁寧な言葉で、改まった場で使われ、「去年」は話し言葉として使われることが多いという点です。

まとめ

まとめ

「昨年」「去年」はどちらも「今年の前の年」という意味です。

シーンにより使い分けがあるので、覚えておくと良いでしょう。