「ビアホール」と「ビアガーデン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ビアホール」と「ビアガーデン」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ビアホール」「ビアガーデン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ビアホール」とは?

「ビアホール」とは?

「ビアホール」とは、「独立した常設の店舗・設備を持っていて、ビールを主体にして提供する専門店」のことを意味しています。

「ビアホール」というのは「美味しいビールをテーマにした専門の店舗・レストラン」で、ビールと合わせて「本格的なおつまみ・料理」も楽しめることが多いお店なのです。

日本で初めてのビアホールは、1899年(明治32年)に銀座に作られた「恵比寿ビール BEER HALL」と言われています。

「ビアガーデン」とは?

「ビアガーデン」とは?

「ビアガーデン」とは、「デパートの屋上やホテルの中庭などの屋外に、夏季限定で開設されるビールを主体とした臨時の酒場」のことを意味しています。

「ビアガーデン」は、四季を通して営業している店舗のあるお店ではなく、夏の季節に限定して屋外で営業しているビールが主力の酒場で、簡易なテーブルと椅子をたくさん並べる形で営業しています。

「ビアガーデン」の歴史の始まりは、19世紀のバイエルン王国(現在のドイツ・バイエルン州)のミュンヘンの醸造所が開設した酒場にあるとされています。

「ビアホール」と「ビアガーデン」の違い!

「ビアホール」と「ビアガーデン」の違い!

「ビアホール」「ビアガーデン」の違いを、分かりやすく解説します。

「ビアホール」「ビアガーデン」「ビールを飲むことができるお店」という意味合いは共通していますが、「ビアホール」「きちんとした店舗を構えて、ビールを主体として四季を通して営業しているレストラン」を意味しています。

ビアホールに対して「ビアガーデン」というのは、「屋外や屋上などに簡易なテーブル席を並べてビールを主体に販売している臨時の酒場」のことであり、基本的に「夏季限定の営業」であるという違いがあります。

「ビアホール」では「本格的な料理・刺身・おつまみ」などの提供があることが多いですが、「ビアガーデン」には「枝豆・冷奴・スルメなどの簡易なおつまみ」しか置いていないことが多い違いも指摘できます。

まとめ

まとめ

「ビアホール」「ビアガーデン」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ビアホール」とは「ビールを主体に提供していて、本格的なおつまみ・料理も楽しむことができる屋内のレストラン」を意味していて、「ビアガーデン」「ホテルの中庭やデパートの屋上などの屋外に、夏季限定で開設されるビールを主体として提供する臨時の酒場」を意味している違いがあります。

「ビアホール」「ビアガーデン」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。