スポンサーリンク

「邦画」と「洋画」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「邦画」と「洋画」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「邦画」「洋画」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「邦画」とは?

「邦画(ほうが)」とは、「日本の映画・映画作品」を意味している言葉です。

「邦画」というのは、「日本の法人・日本人が出資して、主に日本人の俳優が出演し日本語で撮影・制作された映画作品」「日本の映画館で公開することを前提に制作された映画」のことを意味しているのです。

「邦画」にもいろいろなジャンル・主題・内容の作品がありますが、「邦画」「洋画」と比べた場合の特徴として「日常を描いた作品・人間関係や情緒を詳しく表現した作品」が多いということがあります。

「洋画」とは?

「洋画(ようが)」とは、「欧米の映画・映画作品」「欧米以外の国々も含めて海外で制作された映画」を意味している言葉です。

「洋画」というのは、「欧米の法人・外国人が出資して、主に外国人の俳優が出演し英語などの外国語で撮影・制作された映画作品」「世界各国の映画館で公開されることを前提に制作された映画」のことを意味しています。

ハリウッド映画をはじめとする「洋画」の特徴として、「予算規模が大きく高度な撮影技術・VFX・CGを多用している」「邦画には少ないスペクタクルの大きなアクション・アドベンチャーのジャンルの作品が多い」などがあります。

「邦画」と「洋画」の違い!

「邦画」「洋画」の違いを、分かりやすく解説します。

「邦画」「洋画」「映画・劇場で公開される映画作品(アニメ映画の作品含む)」を意味している点では共通していますが、「邦画」というのは「日本の映画館で公開されることを前提にして、日本企業(日本人)が出資して日本語で撮影された映画作品(俳優も概ね日本人の映画作品)」を意味しています。

邦画に対して「洋画」というのは、「主に欧米で制作され、俳優も概ね外国人である映画作品」のことを意味している違いがあります。

また「邦画」「日本画・日本の絵画」を意味していて、「洋画」「主に西洋で発達した絵画の材料・技法によって描かれた絵画」を意味しているという違いも指摘できます。

まとめ

「邦画」「洋画」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「邦画」とは「日本で制作された映画」「日本の絵画・日本画」を意味していて、「洋画」「欧米で制作された映画・欧米以外も含む外国で制作された映画全般」を意味している違いがあります。

「邦画」「洋画」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。