スポンサーリンク

「鹿」と「トナカイ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「鹿」と「トナカイ」の違い動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「鹿」「トナカイ」はあまり見たことがないので区別がつきにくいものです。

この2つの動物の違いは一体何なのか、概要も併せて紹介します。

スポンサーリンク

「鹿」とは?

「鹿」とは?

「鹿」の意味と概要について紹介します。

意味

「鹿」とは「シカ属シカ科」の動物のことです。

「鹿」は世界中の大陸に生息していますが、オーストラリアやアフリカ、地中海周辺では見掛けません。

日本にも生息していて「ニホンジカ」と呼ばれています。

概要

「鹿」は体長90センチ~190センチ程で、「トナカイ」よりも小さめです。

「鹿」の特徴として角がありますが、これは皮膚が角質化したものです。

角はオスのみに生えるもので、毎年抜け落ちては生え変わり、根元から分岐していきます。

体毛は季節により生え変わり、夏はグレーに白い斑点模様が付きますが、冬はグレーになります。

「トナカイ」とは?

「トナカイ」とは?

「トナカイ」の意味と概要について紹介します。

意味

「トナカイ」「シカ科トナカイ属」の動物で、「鹿」の一種です。

「トナカイ属」の動物は「トナカイ」一種類になります。

概要

「トナカイ」は、サンタクロースのそりを引いている動物として知られ、寒さが厳しい地域に生息しています。

大きさは120センチから220センチと、「鹿」よりも大きめになります。

「トナカイ」は、シカ科の動物の中で唯一、オスメスどちらにも角が生えるという特徴があります。

オスの角は春に生えて秋から冬にかけて抜け落ち、メスの角は冬に生えて夏に抜け落ちます。

寒い地域にいるので身体は体毛に覆われ、冬はグレー、夏はブラウンに近い色になります。

つまり冬場は「鹿」「トナカイ」もほぼ同じ色に見えるのです。

「鹿」と「トナカイ」の違い!

「鹿」と「トナカイ」の違い!

「鹿」「シカ属シカ科」で、「トナカイ」「鹿」の一種です。

見た目的な違いとしては、「鹿」は基本的にオスだけに角が生えますが、「トナカイ」はオスメスどちらにも角が生えるという点です。

まとめ

まとめ

「鹿」「トナカイ」は種別的に違いがある他、角の生え方も違います。

日本には「トナカイ」はいませんので、野生ならば「鹿」だと思って間違いないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物