スポンサーリンク

「影響」と「効果」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「影響」と「効果」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「影響」「効果」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「影響」とは?

「影響」とは?

「影響」の意味と使い方について紹介します。

「影響」の意味

「影響」「えいきょう」と読みます。

意味は「ものごとの発する力や作用が、他にまで及ぶこと」「ものごと同士が密接に関係すること」です。

「影響」の使い方

「影響」は、あるものに何か大きな力が生じて、それが他にまで及び、何らかの変化をもたらすことぉお言います。

「影響」「影が形に従い、響きが音に応じる」という意味から来る言葉で、1つのものに、もう1つのものが反応する時に使われます。

「大きな力」と言っても、物理的に衝撃が加わるのではなく、間接的に生じることや、包み込む様な雰囲気などで、いつの間にか他のものが変化することを言います。

「良い影響を受ける」として使われることもあれば、「悪い影響を受ける」と使われることもあります。

「効果」とは?

「効果」とは?

「効果」の意味と使い方について紹介します。

「効果」の意味

「効果」「こうか」と読みます。

意味は「あるものごとの働きかけによって生じる、期待される結果のこと」「演劇・映画などで、その場面をより印象的にする為に、特殊な技術や手段を用いること」です。

「効果」の使い方

「効果」は、最初にあらかじめ期待されていた通りの結果が出ることという意味です。

そのものごとが、結果的にどの様な良い点をもたらしてくれるのかが先に分っていて、実際にその通りになった時に使われます。

「ダイエット効果」と言う場合、その商品を使えば宣伝通りに痩せられることを言うのです。

また、映画や演劇などで、そのシーンをより印象的に見せる為に、音響を使ったり、雪や雨を降らせる様にする時も「効果」と言います。

「影響」と「効果」の違い!

「影響」と「効果」の違い!

「影響」「あるものの発する力や作用が、他にまで及ぶこと」です。

「効果」「あるものの働きかけによって生じる、期待される結果」です。

まとめ

まとめ

今回は「影響」「効果」の違いをお伝えしました。

「影響はあるものの作用が及ぶこと」「効果はあるものにより良い結果が出ること」と覚えておきましょう。