「転勤」と「栄転」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「転勤」と「栄転」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「転勤」「栄転」の違いを分かりやすく説明していきます。

「転勤」とは?

「転勤」とは?

「転勤」の意味と使い方について紹介します。

「転勤」の意味

「転勤」は、「てんきん」と読みます。

意味は「同じ企業の中で、会社の命令により勤務地が変わること」です。

「転勤」の使い方

「転勤」は、会社からの命令により、勤務場所が変わることを言います。

同じ会社で、部署ではなく、通勤する場所自体が変わる時の表現です。

「転勤」は会社から命じられるものであり、就業規則に従業員は拒否できないと明記されているところも多くあります。

「転勤」が決まった場合、1ヵ月位前に内示があり本人に知らされ、数週間経ってから辞令が出るのが一般的です。

「転勤族」は、転勤により家族揃って地方へ引越しをする人たちのことを言います。

「栄転」とは?

「栄転」とは?

「栄転」の意味と使い方について紹介します。

「栄転」の意味

「栄転」「えいてん」と言います。

意味は「今までより高い地位や役職に就くこと」です。

「栄転」の使い方

「栄転」は、今までより高い地位に就ける異動のことを言います。

地方の支店に勤務していた社員が、他の支店の「支店長」として転勤が決まったり、支店から本社の営業に転勤が決まったりした時に使われます。

基本的に、他の人がうらやましがる様な部署や、出世約束されている様な部署に異動になる時の表現です。

また、役職が変わらなくても、自分が長い間希望していた部署に異動が決まった時などにも「栄転」と言われます。

本社に勤務していた部長クラスの人が、従業員数名の地方の支店長として転勤する時には「栄転」にならない可能性もあります。

「転勤」と「栄転」の違い!

「転勤」と「栄転」の違い!

「転勤」「会社命令により勤務場所が変わること」です。

「栄転」「今までよりも高い地位や役職に就くこと」です。

まとめ

まとめ

今回は「転勤」「栄転」の違いをお伝えしました。

「転勤は場所が変わること」「栄転は地位が上がること」と覚えておきましょう。