「玉子」と「卵」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「玉子」と「卵」の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「玉子」「卵」はどちらも「たまご」と読むことができる紛らわしい同音異義語ですが、「玉子」「卵」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、同音異義語の「玉子」「卵」の意味の違いを分かりやすく解説していきます。

「玉子」とは?

「玉子」という表現は、「生卵ではない加熱・加工・調理をされたたまご(主に食材として使われる鶏のたまご)」を意味しています。

しかし、鳥類以外の魚類・爬虫類などのたまごは、調理されていても「玉子」とは表記されず、「卵」と表記されます。

「玉子」の語源は「殻に入った鶏のたまごの丸い形」にあるため、「玉子」は基本的に「鶏をはじめとする鳥類のたまご」を意味しています。

「卵」とは?

「卵」という表現は、「加熱・加工・調理がされていない生卵」のことを意味しています。

また「先生の卵」のように比喩的な表現で用いられる場合には、「孵化するたまご」を指しているので、「玉子」ではなく「卵」を用います。

ただし例外として、「ゆで玉子・ゆで卵」「玉子焼き・卵焼き」などは、調理や加熱をされていても「玉子」ではなく「卵」を使うことも多くなっています。

鶏のたまご料理の場合、「玉子」だけではなく「卵」を使用することが慣例的に認められています。

「玉子」と「卵」の違い!

「玉子」「卵」の意味の違いを、分かりやすく説明していきます。

「玉子」というのは、「生卵ではない調理されたたまご(主に鶏のたまご)」「食材として使用されるたまご」を意味しています。

ただし、調理されていても、「鳥類以外の魚類・両生類のたまご」などは「玉子」でなく「卵」と表記します。

それに対して、「卵」というのは、「加熱や調理などをされていない生卵(なまたまご)」のことを意味しているという違いがあるのです。

まとめ

「玉子」「卵」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「玉子」という表現は、「生卵ではない加熱や調理をされたたまご(主に食材として使われる鶏のたまご)」を意味しています。

それに対して、「卵」という表現は「加熱・加工・調理がされていない生卵」のことを意味しています。

「玉子」「卵」の意味の違いを詳しく知りたい時は、この記事の内容を確認してみてください。