「医師」と「医者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「医師」と「医者」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「医師」「医者」の違いを分かりやすく説明していきます。

「医師」とは?

「医師」の意味と使い方について紹介します。

「医師」の意味

「医師」「いし」と読みます。

意味は「国家で認められた資格を持ち、病気の診察や治療を職業にする人のこと」です。

「医師」の使い方

「医師」は、職業名であると共に資格も名称でもあります。

「医師」は、正式な資格の名称であり、病院やクリニックで診察や治療を行う人は「医師免許」を取得していなければならないのです。

「医師」は、資格を取得して病気の診察や治療を職業とする人のとで、厳格な専門職というイメージがあります。

「医者です」と言うよりも「医師です」と言った方が、専門性が高い様に聞こえるのです。

「医者」とは?

「医者」の意味と使い方について紹介します。

「医者」の意味

「医者」「いしゃ」と読みます。

意味は「病気の診療や治療を職業とする人のこと」です。

「医者」の使い方

「医者」は、患者の立場から見て使われる言葉で、自分に対して診察や医療行為をしてくれる人全般を表します。

医師免許のある・なしにかかわらず、病気の治療をしてくれる人に対して「医者」と言います。

中には医師免許を取得していない無免許医というのもいますが、それでも患者にとっては「医者」なのです。

「医者」は患者を診察したり治療したりする仕事をする人のことであり、「お医者さん」として一般的に親しみを込めて呼ぶ時にも使われます。

「町医者」は町中でクリニックを営む「医者」のことで、「町医師」とは言わないことからも分ります。

「医師」と「医者」の違い!

「医師」「国家資格を持ち、病気の診察や治療を職業とする人のこと」です。

「医者」「病気の診察や治療を職業とする人のと」です。

まとめ

今回は「医師」「医者」の違いをお伝えしました。

「医師は職業と資格の名称」「医者は職業の名称」と覚えておきましょう。