スポンサーリンク

「別荘」と「セカンドハウス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「別荘」と「セカンドハウス」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自宅とは別に家を持つ優雅な暮らしに憧れ流人は多いですが、自宅以外の住まいとして「別荘」「セカンドハウス」があります。

どちらも第二の自宅以外に暮らす場所としては同じですがこの2つには明確な違いがあります。

今回は、「別荘」「セカンドハウス」の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

「別荘」とは?

別荘とは秘書や西洋などを目的に利用する自宅以外の家のことです。

一般に一戸建て住宅のことを意味しますがリゾートマンションなど集合住宅を別荘とするケースも見られます。

自宅が生活の場であるのに対し別荘は日常生活から離れた時間を過ごすための施設であり余暇を楽しむレジャー施設に近い性質を持ちます。

基本的には事故所有の建物のことを別荘と呼びますが最近はレンタル別荘など従来とは異なるスタイルの別荘も増えています。

別荘の「荘」には私有地や区画された土地などの意味があります。

転じてそのような土地に建てられていた独立した建物のことも荘と呼ぶようになり現在でも山荘などの呼び方に名残が見られます。

別荘は自宅とは別にある荘というところから生じた名称です。

「別荘」の使い方

・夏休みの間、避暑のために軽井沢の別荘で過ごす。

・別荘を購入できるほどの余裕はない。

・長年の夢だった別荘を手に入れた。

・バブル時代に建てられた別荘は個性的なデザインが多い。

「セカンドハウス」とは?

「セカンドハウス」とは自宅以外にあるもう一つの住まいです。

セカンドハウスの主な目的は第二の生活の場です。

自宅は生活のための空間ですがさまざまな理由により自宅がひとつだと不便な人がいます。

例えば東京と大阪それぞれに店を持ち月の半分を東京もう半分を大阪で過ごすような経営者はそれぞれに自宅がある方が便利です。

東京に自宅がありながら大阪に新しく生活の場となる住居を構えればその家はセカンドハウスということになります。

一般的な定義としては生活のために付き1日以上居住する空間のことをセカンドハウスと呼びますが、冬は沖縄夏は北海道と季節ごとに過ごしやすい場所で生活するためにそれぞれに家を持つ要な場合もセカンドハウスに含まれます。

セカンドハウスはあくまでも生活拠点なので広さや設備はどんなものでも構いません。

大豪邸の自宅とは別にワンルームのアパートを契約している場合でもそこで生活している実態があるならば立派なセカンドハウスです。

「セカンドハウス」の使い方

・仕事のためにセカンドハウスを借りる。

・大阪にセカンドハウスを用意したのでホテル暮らしはもう終わりだ。

・セカンドハウスと言ってもただのワンルームマンションだ。

・セカンドハウスに手頃な物件はないか不動産屋に相談してみよう。

「別荘」と「セカンドハウス」の違い

「別荘」「セカンドハウス」には別荘が避暑や保養などリゾート目的であるのに対しセカンドハウスは日常を過ごす生活の場と言う違いがあります。

リゾートと生活の場という違いは税制面でもはっきりしています。

別荘は税制上ぜいたく品扱いですがセカンドハウスは生活に不可欠な生活必需品扱いです。

そのため別荘は税制上の優遇措置が受けられませんがセカンドハウスは税制上の優遇措置が受けられるという違いがあります。

まとめ

「別荘」「セカンドハウス」を同じものだと思い込んでいる人が多いですが全くの別物です。

特に税制上の扱いにも違いがあるので手続きする際は注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物