スポンサーリンク

「地理a」と「地理b」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「地理a」と「地理b」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「地理a」「地理b」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「地理a」とは?

「地理a」とは?

「地理a」とは、「地理bよりも授業数が少なくて学ぶ内容の範囲も狭い、高校の社会科の地理科目」を意味しています。

「地理a」を授業で学ぶと、高校の教科課程において「2単位」を得ることができます。

「地理a」の学習内容は、「世界の各地域の生活様式・文化・自然環境などの地誌+現代社会における地理・環境のタイムリーな問題」がメインになっています。

「地理a」は商業高校・工業高校などで採用されることが多い科目ですが、受験で使用できる大学が少ない問題があります。

「地理b」とは?

「地理b」とは?

「地理b」とは、「地理aよりも授業数が多くて学習する内容の範囲も広い、高校の社会科の地理科目」を意味しています。

「地理b」を授業で学ぶと、高校の教科課程において「4単位」を得ることができます。

「地理b」の学習内容は、「気候区分・地形特徴などの自然地理+各地の人口や都市・主要産業などの人文地理の総合的な地理関係の知識+世界の諸地域の地誌的な知識」が中心になっています。

「地理b」は進学校をはじめとする普通科の高校で採用されることが多く、ほとんどの大学で受験科目として認められています。

「地理a」と「地理b」の違い

「地理a」と「地理b」の違い

「地理a」「地理b」の違いを、分かりやすく解説します。

「地理a」よりも「地理b」のほうが、「地理の授業時間数が長い+地理に関係する学習内容の範囲が広い」という違いがあります。

高校の学習課程における単位数も「地理a」「2単位」「地理b」「4単位」となっている違いも挙げられます。

大学受験の科目としても、「地理a」は使える大学が少なく、「地理b」のほうが多くの大学で使える違いがあります。

「地理b」「普通科の高校」の大半で採用されている社会科の科目ですが、「地理a」「商業高校・工業高校などの実業系の高校(大学を受験する生徒の比率が低い高校)」で採用されやすい科目である違いも指摘できます。

「地理b」は世界各地の地誌が中心の「地理a」と比較して、「自然地理と人文地理の系統的・総合的な学習」をすることができる科目になっています。

「地理a」の例文

「地理a」の例文

・『地理aは授業数が少なくて学習範囲も狭いので有利に思えますが、大学受験の科目としては使いにくい欠点があります。』

・『私は就職希望だったので商業高校で地理aの授業を受けていましたが、進学希望なら地理bがおすすめです。』

「地理b」の例文

「地理b」の例文

・『地理bを高校時代に習っていたおかげで、世界各国の地理的な位置や地形的な特徴を今でも覚えています。』

・『大学受験の際には、歴史と地理の内容が相互に関連している世界史bと地理bを受験科目として使いました。』

まとめ

まとめ

この記事では、「地理a」「地理b」の意味の違いを説明して、例文を紹介しましたがいかがでしたか。

「地理a」「地理b」の意味の違いを詳しく知りたい人は、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物