「センシティブ」と「デリケート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「センシティブ」と「デリケート」の違い違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「センシティブ」「デリケート」の違いを分かりやすく説明していきます。

「センシティブ」とは?

「センシティブ」は英語の「sensitive」が日本語化した言葉で、意味は以下の通りです。

1つ目は「敏感な」「感覚が鋭い」という意味で、外からの刺激に対してすぐに反応する様子を言います。

2つ目は「神経質な」「繊細な」という意味で、人が精神的に敏感で、すぐに気にしたり病んだりする様子を言います。

3つ目は「~によく気が付く」「気配りができる」という意味で、良い意味で気が利く様子を言います。

4つ目は「扱いに要注意が必要な」という意味で、問題や話題などが繊細で、ちょっとしたことで人を傷つけたりトラブルに発展する様子を言います。

5つ目は「影響を受けやすい」「不安定な」という意味で、市場や経済などが外的要因で変化しやすい状態を言います。

上記に共通するのは「敏感である」という意味です。

「センシティブ」の使い方

「センシティブ」「敏感な」「感覚が鋭い」「神経質な」「繊細な」「~によく気が付く」「扱いに要注意が必要な」「影響を受けやすい」などの意味で使われます。

日本語では名詞・形容動詞として「センシティブだ・である」と使われり、形容詞として「センシティブな」と使われたりします。

基本的に、敏感であったり神経質であるなど、感覚的な性質に使われる言葉です。

「デリケート」とは?

「デリケート」は英語の「delicate」が日本語化した言葉で、主な意味は以下の通りです。

1つ目は「繊細な」「ほっそりした」という意味で、見た目が華奢で弱そうに見える様子を言います。

2つ目は「精巧な」「壊れやすい」という意味で、物がもろく傷つきやすい様子を言います。

3つ目は「上品な」「洗練された」問う意味で、ほんのりとして優雅な様子を言います。

4つ目は「敏感な」「繊細な」という意味で、感覚がきめ細かい様子を言います。

5つ目は「扱いが難しい」「微妙な」という意味で、注意が必要な様子を言います。

上記に共通するのや「繊細で扱いにくい」という意味です。

「デリケート」の使い方

「デリケート」「繊細な」「ほっそりした」「精巧な」「壊れやすい」「上品な」「敏感な」「扱いが難しい」「微妙な」などの意味で使われます。

日本語では名詞・形容動詞として「デリケートだ・である」と使われり、形容詞として「デリケートな」と使われたりします。

基本的に、非常に繊細でダメージを受けやすく、扱いにくい様子に使われる言葉です。

「センシティブ」と「デリケート」の違い

「センシティブ」「敏感であったり神経質であるなど、感覚的な性質」という意味です。

「デリケート」「非常に繊細でダメージを受けやすく、扱いにくい様子」という意味です。

「センシティブ」の例文

・『お肌がセンシティブなのでお手入れが大変だ』
・『彼はセンシティブな性格なので職場で孤立しがちだ』
・『彼はにおいに対してセンシティブだ』
・『彼女はセンシティブなアーティストだ』

「デリケート」の例文

・『容姿に関してはデリケートな問題だ』
・『デリケートゾーンをケアする』
・『彼はデリケート過ぎて扱いにくい』
・『彼女は言葉に対してすごくデリケートだ』

まとめ

今回は「センシティブ」「デリケート」について紹介しました。

「センシティブ」「敏感な」「デリケート」「繊細な」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物