「進歩」と「進化」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「進歩」と「進化」の違いとは?違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「進歩」「進化」の違いを分かりやすく説明していきます。

「進歩」とは?

「歩みを進める」と書いて、「進歩」

この漢字の意味通り、前進するといった意味があり、ものごとがしだいにより良い方向、望ましい方向に進んでいくこととなります。

同じ前進でも、単に前に進むものではなく、目標に向かって、少しでも良い状態に進むこと、価値を高めることを意味します。

このような意味から同じ意味を持つ言葉には、「進展」「発展」「発達」「上達」など、どれも、良い方向に進むことを意味する言葉となります。

また、対義語は、望ましい状態から遠のくことを意味する「退歩」となります。

「進歩」の使い方

何が「進歩」しているのかを示す使い方が多く、「医学の進歩」「科学の進歩」「技術の進歩」「文明の進歩」のほか、どんな「進歩」なのかを示す、「着実な進歩」「急速な進歩」などがあります。

「進化」とは?

「化けて進む」と書いて、「進化」

この漢字の意味通り、生物が周りの条件や自分自身の発達により変化し、種や属の段階を超え新しい生物へと変わっていくことを意味します。

この期間は、決して短期間ではなく長期間かけ行うものとなります。

一般的には、複雑化され機能も分化していきます。

そのほか、社会が未分化状態から文化の方向へと変化すること、未開社会から文明社会へと変化することといった意味もあり、より優れたものへと「進歩」していくといた意味もあります。

このような意味から同じ意味を持つ言葉には、「成長」「発展」「進展」のほか、「バージョンアップ」「レベルアップ」などがあります。

また、対義語には、望ましい状態から遠のいていくことを意味する「退化」があります。

「進化」の使い方

何が「進化」したのかといった意味の使い方として、「社会の進化」「生物の進化」などがあるほか、「進化版」「進化系」「進化論」といった言葉もあります。

「進歩」と「進化」の違い

進むという漢字あとに「歩」が付くか「化」が付くかで意味が異なる「進歩」「進化」

「進歩」には、良い方向、望ましい方向へと発展していくといった意味があり、「進化」には、良い方向、望ましい方向へと変化していくといった意味があります。

このように良い方向、望ましい方向へと進むといった意味は同じですが、その中身のニュアンスが異なる「進歩」「進化」となります。

「進歩」の例文

・『今回の実験結果は、決して大きな進歩ではありませんでしたが、着実に進歩していることはわかりました。』

・『どんどん進歩していく彼の姿を見て、焦ってきました。』

・『医学の進歩によって、癌も不治の病ではなくなってきました。』

・『技術の進歩によって、様々なことが可能になりました。』

「進化」の例文

・『大切に育てていたゲームのキャラクターが願い通りの進化を遂げた。』

・『家電は、どんどん進化していると思う。』

・『今度、今持っているゲームの進化版を購入する予定です。』

・『今後、さらなる進化を期待します。』

まとめ

以上のようなことに注意し、「進歩」「進化」を使い分けることが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物