「必然」と「当然」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「必然」と「当然」の違いとは?違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「必然」「当然」の違いを分かりやすく説明していきます。

「必然」とは?

「必然」には、「必ず」という漢字が用いられています。

そのことから、「必然」には、必ずそうなること、そうなるほかになりようもない、といった意味があります。

「必然」の場合、結果は、偶然に起きたものではなく、なるべくしてなった、誰がどう見ても、そうなるしかなかった、運命で今の結果になることは決まっていた、というものになります。

このような意味から同じ意味を持つ言葉には、「必至」「必然」「不可避」「宿命」などとなり、対義語は、「偶然」「蓋然」となります。

「必然」の使い方

「必然」には、「必然の結果」「必然的に」「必然性」などといった使い方があります。

「当然」とは?

そうなることが当たり前、道理にかなっている、それが当たり前のさま、といった意味の「当然」

誰がどう見ても、それが当たり前だという状況を「当然」と言います。

このような意味から同じ意味を持つ言葉には、「無論」「勿論」「当たり前」「言うまでもなく」などがあり、対義語は、「意外」です。

「当然」の使い方

何が「当然」なのかといった使い方が多い「当然」には、「当然の結果」「当然の出来事」「当然の義務」「当然のこと」などがあります。

「必然」と「当然」の違い

「必然」「当然」の違いは、対義語を比較すると明確です。

「必然」の対義語は「偶然」

「偶然」とは、因果関係などなく予期しないことが起きることを意味し、そのことから「必然」には、必ずそうなる、それ以外になることはない、といった意味があることがわかります。

一方、「当然」の対義語は「意外」です。

「意外」には、考えていたことを非常に違っているといった意味があり、そのことから、「当然」には、考えていた通り、当たり前といった意味があることがわかります。

以上のことから、「必然」「当然」の関係には、「必然」の方が強いと言えます。

「必然」の方が「当然」よりも「必ずそうなる」といったニュアンスが強いため、より強調したい際に用いられる言葉が「必然」となります。

「必然」の例文

・『喧嘩ばかりの彼氏とは、必然的に別れる結果となりました。』

・『人生には、避けることができない必然が何度も起こります。』

・『昔から洪水の多い河川では、局地的な豪雨が発生すると、必然的に大きな被害が発生します。』

・『運命が決めた避けることができない必然とは、本当にあるのだろうか。』

「当然」の例文

・『我が家では、毎年、元日に初詣に行くことは、当然の行事です。』

・『悪いことをしたのだから、罰を受けることは当然のことです。』

・『勉強もせずに漢字テストを受けたのだから、わからなくて当然だ。』

・『交通違反をして罰金を払うことは、当然の義務です。』

まとめ

同じような意味を持つ「必然」「当然」ですが、意味の強さに違いがあり、その点に注意した使い方が求められる言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物