スポンサーリンク

「育成」と「生育」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「育成」と「生育」の違いとは?言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「育成」「生育」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの似た印象の言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「育成」とは?

「育成」とは?

「育成」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「育成」「いくせい」と読みます。

「育成」「育て上げること。

育てて立派にすること」
という意味があります。

ただ育てるだけでなく、立派にしようとするとき、「育成」という言葉を使います。

例えば、競馬のための競走馬を育てる時、ただ餌を与えるだけでなく、競走馬にふさわしい走力を身に着けるように、走る練習を織り交ぜながら育てられます。

このような様子を「競走馬を育成する」と言います。

また、小学生や中学生の女子を集めて、立派なアイドルにするとき、「アイドルを育成する」と言います。

歌やダンスだけでなく、アイドルに必要な表情、仕草、容姿などをすべて教えこむようなとき、「育成」と言う言葉を使う傾向があります。

さらにこのような「育成」をゲーム化したものを「育成シミュレーション」などと呼びます。

ビジネスシーンでも、社長が新社長になる人材を一から指導していくようなとき、「後継者を育成する」などと言います。

「生育」とは?

「生育」とは?

「生育」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「生育」「せいいく」と読みます。

「生育」「生まれ育つこと。

植物が成長すること」
という意味があります。

例えば、森に入った時、キノコや山菜などが生まれ育っているのを見たとき、「キノコや山菜が生育している」などと言います。

他にも、「川辺に花が生育している」「山に生育する花を観察する」などという文章を作ることができます。

また、植物などが生まれ育つ場所について表現するとき、「生育環境」などと呼びます。

「急激な温暖化で、植物の生育環境が変化する」などという文章を作ることができます。

このように、主に、植物が生まれ育つ様子について語るとき、「生育」という言葉を使います。

「育成」と「生育」の違い

「育成」と「生育」の違い

「育成」「生育」の違いを、分かりやすく解説します。

「育成」「育て上げること。

育てて立派にすること」
という意味があります。

一方で、「生育」「生まれ育つこと。

植物が成長すること」
という意味があります。

このように、「育成」は人や動物などを育てることを意味し、「生育」「植物が育つこと」を意味します。

「育成」「人や動物」に対して使う言葉で、「生育」は主に「植物」に対して使う言葉という違いがあります。

また「育成」「人が積極的に育てる」のに対して、「生育」は、「勝手に育っている」ような印象があります。

このように「育成」「生育」には、大きな意味の違いがあります。

まとめ

まとめ

「育成」「生育」の違いについて見てきました。

2つの言葉はとても似ていますが、意味に明確な違いがあることが分かりました。

正しい意味を知ることで、使い分けることができるようになりそうです。