スポンサーリンク

「患う」と「煩う」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「患う」と「煩う」の違いとは?言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「患う」「煩う」の違いを分かりやすく説明していきます。

同じ音のある2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょう。

スポンサーリンク

「患う」とは?

「患う」とは?

「患う」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「患う」「わずらう」と読みます。

「患う」には、「病気で苦しむ」という意味があります。

病気になっている人を「患者(かんじゃ)」と言いますが、この患の字は、「患う」からきており、「煩う者」という意味で、「患者」となります。

「煩う」は、病気になって、苦しんでいる人に対して使う言葉です。

例えば、長い間、病気で苦しんでいるような人に対して、「長く病気を患っている」などと言います。

また精神的な病になり、苦しんでいる人の状態を、「精神を患う」と言います。

さらに、大きな病気になっている人を、「大病を患う」と言います。

他にも、「難病を患ったが、時間をかけて完治した」「病を患い入院したが、ようやく退院できた」などという文章を作ることができます。

「煩う」とは?

「煩う」とは?

「煩う」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「煩う」「わずらう」と読みます。

「煩う」「あれこれと心を痛める。

思い悩む」
という意味があります。

代表的な慣用句として「恋煩い(こいわずらい)」という言葉があります。

好きな人のことを、あれこれと思って、思い悩んだ経験があるかもしれません。

「彼は他の人が好きなのかも」「私は嫌われているかもしれない」などと、あれこれと思い悩むとき、「私は、彼に恋煩いをしている」などという文章を作ることができます。

また、仕事を終えて家に帰ってきたのに、あれこれと仕事のことを思い出して悩む様子を、「自宅に帰ってまで、仕事のことを思い煩う」などと「煩う」という言葉を使って表現することができます。

「今日は煩うことがない」「毎日思い煩う」などという使い方ができます。

「患う」と「煩う」の違い

「患う」と「煩う」の違い

「患う」「煩う」の違いを、分かりやすく解説します。

「患う」には、「病気で苦しむ」という意味があります。

一方の「煩う」「あれこれと心を痛める。

思い悩む」
という意味があります。

「患う」「患う」も、苦しむ、悩むという意味がある言葉になります。

実は、「煩う」にも「病気で苦しむ」という意味があり、一方の「患う」にも「あれこれと心を痛める」という意味があることから、同義語で、入れ替え可能な言葉でもあります。

そのため、どちらの言葉を使っても、厳密には間違いではないということになります。

ただし一般的には、「患う」は、「病気で苦しむ」ときに使う言葉で、「煩う」「思い悩む」ときに使う言葉になっています。

まとめ

まとめ

「患う」「煩う」の違いについて見てきました。

2つの言葉は同義語であることを知っておきましょう。

同時に、一般的には「患う」「病気で苦しむこと」を意味するときに使い、「煩う」は、「思い悩むこと」に対して使うという区別があることを知っておくといいでしょう。