スポンサーリンク

「おじや」と「雑炊」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「おじや」と「雑炊」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「おじや」「雑炊」の違いを分かりやすく説明していきます。

似た料理を連想してしまう2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「おじや」とは?

「おじや」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「おじや」「みそ汁などを煮た粥。

雑炊」
という意味があります。

「おじや」「じや」「お」を付けた言葉ですが、「じや」は、煮える音、「じやじや」と時間をかけて煮る様子を意味するとされています。

ちなみに「粥」には、水を多くして米を軟らかく煮たものという意味があります。

みそ汁でも、醤油味の汁でもなんでもいいので、米を軟らかく煮て、粥状にした食べ物を見たとき、「おじや」と呼ぶことができます。

夕食を作るときに、あまり食欲がないことがあります。

このような時、昼間に作ったみそ汁に、冷や飯を入れて煮込んで食べようと思い作った料理は、「おじや」と呼べるでしょう。

「今晩は、食欲がないので、おじやでいいや」などという文章を作ることができます。

「雑炊」とは?

「雑炊」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「雑炊」「ぞうすい」と読みます。

「雑炊」「飯に魚介や野菜を加えて、醤油やみそ味の汁などで、粥状に煮たもの」という意味があります。

また、かつて「雑炊」「増水」と書いたと言います。

水を増して、煮ることで、米がお粥状になるためではないでしょうか。

フグ料理を食べに行くと、「〇雑炊」という料理を締めで食べることがあります。

すっぽん鍋の後に残った出汁を使い、米を入れて炊いたものを言います。

「フグを食べに行ったとき、まる雑炊が一番の楽しみ」という人もいる人気料理となっています。

「おじや」と「雑炊」の違い

「おじや」「雑炊」の違いを、分かりやすく解説します。

「おじや」「みそ汁などを煮た粥。

雑炊」
という意味があります。

一方で「雑炊」「飯に魚介や野菜を加えて、醤油やみそ味の汁などで、粥状に煮たもの」という意味があります。

基本的に、「おじや」「雑炊」は同じ料理と言えるのではないでしょうか。

もともと「雑炊」だけがあり、雑炊を女房言葉にしたのが、「おじや」とされています。

ちなみに「女房言葉(にょうぼうことば)」は、日本の中世のころ、宮中に使える女房が、使っていた隠語という意味があります。

現在は味噌味のものを「おじや」と呼んだり、米粒の形を残すのが「雑炊」と呼ぶなど、各地方やお店などで、ローカルルールがあり、「おじや」「雑炊」は違うもののように扱われることがあります。

しかし、厳密に「おじや」「雑炊」をはっきり分ける基準はないため、同じ料理と考えていいのではないでしょうか。

まとめ

「おじや」「雑炊」の違いについて見てきました。

「おじや」「雑炊」も、汁に米を入れて、お粥のように煮込んだ料理を指す言葉で、厳密な意味の違いはないと考えることができます。

「雑炊」のことを、女房言葉にしたのが「おじや」と覚えておくといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物