スポンサーリンク

「ステンレス」と「アルミ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ステンレス」と「アルミ」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ステンレス」「アルミ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ステンレス」とは?

「ステンレス」とは?

「ステンレス」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ステンレス」「stainless steel」と英語表記します。

「ステンレス」「さびにくい鉄」という意味があり、かつては「不銹鋼(ふしゅうこう)」と呼ばれていました。

このように「ステンレス」は、「鉄に一定量のクロムを含ませることによって、腐食に対する耐性を持つ合金鋼」を意味します。

クロムにより、鉄の表面に極めて薄い皮膜が形成されるため、さびにくくなるとされています。

このような特性から、キッチン用具の素材として用いられ、スプーン矢ナイフなどの殻トリーの多くは、「ステンレス」で作られています。

また水洗いをするシンクの多くは「ステンレス」で作られています。

包丁やナイフなど、水に触れる機会が多いものも、「ステンレス」で作られます。

他にも、雨風を受けながら走ることが多い、鉄道車両も「ステンレス」で作られています。

同じように日常的に雨風にさらされる屋外のオブジェも、ステンレスで作られることが少なくありません。

「アルミ」とは?

「アルミ」とは?

「アルミ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「アルミ」「aluminium」と英語表記します。

正式名称は「アルミニウム」で略して「アルミ」と言われています。

「アルミ」は、原子番号13番の元素で、元素記号は「AL」になります。

「アルミ」「軽銀(けいぎん)」と呼ばれるように「軽くて、見た目が銀に似ているという特徴があります。

「アルミ」は銀白色の金属で、高い熱伝導性や、電気伝導性を持ちます。

柔らかく加工がしやすいことに加えて、軽いため、様々な日用品などに使われています。

また、酸化被膜が表面にできているため、さびにくいという特徴があります。

例えば、「アルミ」を薄くのばし、「アルミホイル」として利用されています。

また、ジュースやビールなどを入れる「アルミ缶」は、スチール缶に比べて軽く、さびにくいという特徴があります。

また「一円硬貨」もアルミでできています。

他にも、熱伝導性の良さと軽さから、鍋に使われています。

「ステンレス」と「アルミ」の違い

「ステンレス」と「アルミ」の違い

「ステンレス」「アルミ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ステンレス」「鉄にクロムを合わせたもの」であるのに対して、「アルミ」は原子番号13の元素となります。

また「ステンレス」「さびにくい」という最大の特徴があり、「アルミ」「軽くて加工しやすい」という特徴があります。

キッチン用具として使われる傾向があり、包丁やナイフ、殻トリーが「ステンレス製」であるのに対して、鍋が「アルミ製」であることが多くなっています。

まとめ

まとめ

「ステンレス」「アルミ」の違いについて見てきました。

とにかくさびにくいのが「ステンレス」で、軽くて熱伝導性が高いのが「アルミ」と覚えておくといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物