スポンサーリンク

「丸の内」と「大手町」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「丸の内」と「大手町」の違い地域
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんは「丸の内」「大手町」は何のことを指しているかご存知でしょうか?

そこでこの記事では、「丸の内」「大手町」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「丸の内」とは?

「丸の内」とは?

「丸の内」「まるのうち」という読み方になります。

この「丸の内」は東京都千代田区の中にある地名の1つで、麹町地域内にあり、現行の行政地名では丸の内一丁目から丸の内三丁目に分かれています。

「丸の内」エリアが皇居外苑と東京駅に挟まれたロケーションとなっており、東京駅を中心にして北側に隣接する大手町と合わせて日本の経済界を代表する屈指のオフィス街と言ってもいいでしょう。

目覚ましい発展を遂げて現在では東京の中心業務地区(CBD)として役割を担っているのです。

「大手町」とは?

「大手町」とは?

「大手町」「おおてまち」と読みます。

「大手町」も東京都千代田区の中にある地名の1つで、地下鉄各線の大手町駅を中心とする地域であり、主に東京駅の北西部に位置しているエリア。

日本経済の中心地として前述の南側に隣接する丸の内と合わせて政府系の金融機関やメガバンク・総合商社・マスコミの本社などが集中している東京屈指のオフィス街となっています。

「丸の内」と「大手町」の違い

「丸の内」と「大手町」の違い

では、ここで「丸の内」「大手町」の違いを見ていきましょう。

「丸の内」は東京駅丸の内口の目の前エリアが対象地域であり、その北側にあるのが「大手町」となっています。

その左側には皇居がありますが、「丸の内」「大手町」 2つのエリアとも大手銀行や商社・不動産・マスコミ系企業の本社が集まっています。

しかも、このエリアには日本経団連や政府系金融機関などもあり、日本経済を動かしている中心地と言えるのです。

「丸の内」の例文

「丸の内」の例文

ここで「丸の内」の例文を見てみましょう。

どのような文章になるでしょうか?

・『やっと就活で内定をもらったよ。しかも、丸の内に本社がある会社なんだから、自分でも信じられないさ。来年からはバリバリ働くぞ』
・『私の勤める会社は丸ノ内線の東京駅から徒歩10分程度のところにあります。でも、この辺りがオフィス街となっているので、お見えになる際は事前に地図でご確認しておいてください』

「大手町」の例文

「大手町」の例文

次に「大手町」の例文を見てみることにしましょう。

以下のようなケースで使われています。

・『私は自宅から大手町駅まで1時間程度で通勤できる距離に住んでいます。首都圏での通勤としては恵まれた環境かもしれませんが、ラッシュ時はすごく混雑していますよ』
・『大手町って、いくつもの地下鉄が交差しているから乗り換えが便利だよ。でも慣れないと乗る路線を間違えそうになるから注意してね』

まとめ

まとめ

ここまで「丸の内」「大手町」の違いを説明してきました。

日本経済の中心地であるだけにビジネス業界では必ずと言っていいほど耳にすることがあるかもしれません。

このエリアにある企業に就職できた人はかなりうれしいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
地域
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物