スポンサーリンク

「洒脱」と「洒落」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「洒脱」と「洒落」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんは「洒脱」「洒落」という言葉の意味をご存知でしょうか?そこでこの記事では、「洒脱」「洒落」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「洒脱」とは?

「洒脱」とは?

「洒脱」「しゃだつ」という読み方になる言葉です。

この「洒脱」は、「俗っぽい感じがなくて派手な感じが抜けてアッサリとした雰囲気を持っていること」、あるいは「垢抜けしていて都会的な感じがしていること」、もしくは「サッパリしていて嫌みが全くないこと」という意味を持っています。

「洒落」とは?

「洒落」とは?

「洒落」「しゃらく」という読み方になります。

この「洒落」「心やふるまいなどがさっぱりしていて深く執着しないさま」ということを意味している言葉です。

「洒脱」と「洒落」の違い

「洒脱」と「洒落」の違い

では、「洒脱」「洒落」の違いを見ていきましょう。

どのような違いがあるのでしょうか? 前述の通り、「洒脱」「世間の俗っぽい感じを全く感じさせないくらいにサッパリした雰囲気があること」「垢抜けて田舎臭い雰囲気を感じさせないこと」「さっぱりしていて嫌味たらしい点がみられないこと」という意味で、一言で言うなら、「スマートだ」と表現することができるでしょう。

一方の「洒落」「言動やふるまいなどがさっぱりしていて物事に深く執着しない」ということで、「アッサリした性格」と言えるかもしれません。

「洒脱」の例文

「洒脱」の例文

では、ここで「洒脱」の例文を見てみることにしましょう。

どのような文章が考えられるでしょうか?
・『ナント洒脱な雰囲気のお店なんだ。決して派手な空間じゃないんだけど、このシンプルな感じがいいだよね。まさに都会的で洗練された印象を覚えるよ。これなら色々なお客さんに喜ばれるんじゃないかな』
・『あの人はとても人生経験が豊富で洒脱な感じだよ。まさに風格を身につけているって人だね。普通の人ならあそこまでにはなれないんじゃないかな。だから女性だけでなく、男性からも慕われるんだと思う。僕にはとうてい真似することなんてできないね』

「洒落」の例文

「洒落」の例文

次に「洒落」の例文について見ていきしょう。

具体的には以下のような例文が考えられます。

・『なんて洒落な人なんだ。僕の好みにピッタリだよ。今じゃケバケバした人が多くなっているけど、あんなリラックスしている人ってめったにお目にかかれないな。まさに彼の持って生まれた天性が光ってるって感じだ』
・『本当に彼って洒落なんだよね。全く物事に執着することがないし、細かいことに文句を言うこともないしね。それでいて本筋はブレないでポイントをしっかりと抑えているから、ますますすごい人なんだって思えるんだ』

まとめ

まとめ

ここまで「洒脱」「洒落」の意味とその違いを説明してきました。

一見「酒」と見間違いそうになる漢字ですが、「洒」「脱」「落」が組み合わさった言葉です。

普段の会話の中ではあまり耳にすることがないかもしれませんが、例文で見るような使い方ができる便利なものでしょう。

知っておいて決して損することはありませんし、さりげなく使えるようになると、まさに「洒脱な人」「洒落な人」に見られるかもしれません。