スポンサーリンク

「円高」と「円安」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「円高」と「円安」の違い金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「円高」「円安」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「円高」とは?

「円高」とは?

「円高」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「円高」「えんだか」と読みます。

「円高」「外国為替相場で、円貨が外国通貨に対して相対的に価値が高いこと」という意味があります。

反対語は「円安」になります。

ちなみに「外国為替相場(がいこくかわせそうば)」は、外国通貨と自国通貨の交換比率のことを指します。

経済の状況、内紛、風評など、様々な要因により、交換比率は変動します。

例えば、円が、アメリカ合衆国の通貨・ドルに対して相対的に価値が高くなる場合、「円高ドル安」と言います。

例えば、ドルに対しての円の価格が、1ドル100円だとして、次の年に1ドル80円になったら、ドルに対して円の価値が高くなっているため、「円高ドル安が進み、1ドル80円になった」などというニュースが流れることになります。

ドルに対して円の価値が高くなると、アメリカ合衆国に旅行に行ったとき、安く買い物をすることができるというメリットがあります。

「円安」とは?

「円安」とは?

「円安」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「円安」「えんやす」と読みます。

「円安」「外国為替相場で、円貨が外国通貨に対して相対的に価値が低いこと」という意味があります。

例えば、1ドル100円だったとき、次の年に1ドル120円になったら、ドルに対する円の価値が安くなったと考えられるため、「円安ドル高が進んだ」などと言われることになります。

これは、1ドルのチョコを、100円で買えたはずが、1年後には、120円出さなければ買えなくなったことを意味し、円の価値がドルに対して相対的に下がったことを意味します。

ただし、「円安」になると、日本の商品を安く外国で売れるため、日本の輸出高が上がり、輸出により外貨を稼いでいる傾向がある日本では、結果的に日本経済が良くなる可能性があると考えられています。

「円高」と「円安」の違い

「円高」と「円安」の違い

「円高」「円安」の違いを、分かりやすく解説します。

「円高」「外国為替相場で、円貨が外国通貨に対して相対的に価値が高いこと」という意味があり、「円安」はその逆になります。

このように「円高」「円安」は反対語になります。

「円高」になると、円の価値が高くなるため、外国に行ったときに、安く買い物をしたり、サービスを楽しめるというメリットがあります。

一方で、日本の製品が高くなるため、外国で売れにくくなり、不景気になる傾向があるとされています。

一方で「円安」になると、海外旅行に行ったときに、食事をしてもサービスを利用しても、割高に感じるかもしれません。

一方で、日本の輸出高が増えて、景気が良くなる可能性があります。

まとめ

まとめ

「円高」「円安」の違いについて見てきました。

2つの言葉の意味と違いを知り、どのような影響が日本にあるのかを、知っておくといいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物