スポンサーリンク

「卑しめる」と「侮る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「卑しめる」と「侮る」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「卑しめる」「侮る」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「卑しめる」とは?

「卑しめる」とは?

「卑しめる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「卑しめる」「いやしめる」と読みます。

「卑しめる」は、「下品な、取るに足らないものとして見下げる。

軽蔑する」
という意味があります。

誰かのことを、下品だと見下げたり、取るに足らないと見下げるとき、「卑しめる」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ある国の王様が、市民のことを取るに足らないと見下げている場合、住みたくない嫌な国だと感じるのではないでしょうか。

このような場合は「王様が、市民を卑しめる、ひどい国」などと表現することができます。

また、不倫をした夫のことを、下品だと軽蔑するとき、「不倫した夫を卑しめる妻」と言うことができます。

また、自分自身のことを、取るに足らないものだと見下げてしまう人を見て、そのような考え方を捨てるように言うとき、「自分で自分を卑しめるような考えは捨てろ」などと言う文章にできます。

「侮る」とは?

「侮る」とは?

「侮る」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「侮る」「あなどる」と読みます。

「侮る」「人を軽く見て馬鹿にする。

軽蔑する」
という意味があります。

誰かを見たときに、その人を軽く見て、馬鹿にするとき、「侮る」という言葉を使います。

例えば、ボクシングの試合の対戦相手を、弱い相手だと馬鹿にするとき、「ボクシングの対戦相手を侮る」と言うことができます。

しかし、実際には弱くない選手だと感じた場合は、「侮って油断すると負けるかもしれない」と事務関係者がアドバイスをおくるかもしれません。

また、安価で売られている商品を見たとき、ほとんどの人は「安かろう悪かろう」だと思うのではないでしょうか。

しかし、実は安価でも優れている商品だとアピールするとき、「安価だと侮るなかれ」などというキャッチフレーズで売り出すことがあります。

「卑しめる」と「侮る」の違い

「卑しめる」と「侮る」の違い

「卑しめる」「侮る」の違いを、分かりやすく解説します。

「卑しめる」は、「下品な、取るに足らないものとして見下げる。

軽蔑する」
という意味があります。

一方で、「侮る」「人を軽く見て馬鹿にする。

軽蔑する」
という意味があります。

どちらにも軽蔑するという意味があります。

ただし、「卑しめる」「下品だと思う」という特徴があるのに対して、「侮る」の場合は「軽く見る」という特徴があります。

そのため、誰かを軽蔑するときに、下品だという思いが強い場合は「卑しめる」という言葉を使い、相手の力量などを軽く見ていると感じた場合は「侮る」という言葉を使ってみましょう。

まとめ

まとめ

「卑しめる」「侮る」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。