「少額」と「小額」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「少額」と「小額」の違い 金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「少額」「小額」は類似した意味をイメージさせられる混同しやすい言葉ですが、「少額」「小額」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「少額」「小額」の違いを分かりやすく説明していきます。

「少額」とは?

「少額」とは?

「少額」という表現は、「金額そのものが主観的あるいは相対的に少ないこと」を意味しています。

「少額」というのは、「その人の主観的な金銭感覚において少ないと思う金額」「100万円に対する1万円のように相対的に少ない金額」のことを示唆している言葉です。

「小額」とは?

「小額」とは?

「小額」という表現は、「金額の単位が小さいこと」を意味しています。

「小額」というのは、「1円玉・5円玉・10円玉・100円玉などの小さな金額単位のお金・貨幣」のことを指示している言葉なのです。

「少額」と「小額」の違い!

「少額」と「小額」の違い!

「少額」「小額」の意味の違いを、分かりやすく説明します。

「少額」という言葉は、「金額そのものが主観的・相対的に少ないこと」を意味しています。

「少額」というのは、100万円に対する1万円や1千円のように金額そのものが相対的に少ないことを示している言葉なのです。

ただし、金額の大小の感覚はその人の主観にもよるので、3千円は人によっては「少額」にも「多額(高額)」にもなり得ます。

それに対して、「小額」という言葉は「金額の単位が小さいこと」を意味しているという違いがあります。

「小額」というのは、高額紙幣の1万円札・5千円札に対する「1円玉・5円玉・10円玉・100円玉などの小さな金額単位のお金(貨幣)」を意味している言葉なのです。

まとめ

まとめ

「少額」「小額」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか? 「少額」というのは、「金額が相対的に少ないこと(100万円に対する1万円のように金額が相対的に少ないことを指示する)」を意味しています。

それに対して、「小額」というのは「金額の単位が小さいこと(高額の1万円札に対する1円玉・5円玉・10円玉などの小さな金額の単位を指示する)」を意味している言葉です。

「少額」「小額」の意味の違いを詳しく知りたい時には、この記事の説明を確認してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物