スポンサーリンク

「教授」と「享受」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「教授」と「享受」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「教授」「享受」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「教授」とは?

「教授」とは?

「教授」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「教授」「きょうじゅ」と読みます。

「教授」「学問や技芸を教え授けること」という意味があります。

例えば、武術の達人が、門下生に技を授ける時、「達人が門下生に技を享受する」などという文章を作ることができます。

また、「教授」には、「児童や生徒、学生に知識や技能を授けて、真意作用の発達を助けること」という意味があります。

このような心構えで子供たちに接する時、「児童を教授する」などと言います。

さらに、「教授」には、「大学などで、研究、教育職階の最高位の人」を意味します。

大学なら「大学教授」となり、「午後は大学教授と研究について話し合う予定がある」などという文章にできます。

「享受」とは?

「享受」とは?

「享受」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「享受」「きょうじゅ」と読みます。

「享受」は、「受け入れて自分のものとすること。

受け入れて、味わい楽しむこと」
という意味があります。

例えば、ここのところ、幸せに恵まれていると感じることがあるかもしれません。

その幸せを不審に思ったりせず、受け入れて楽しむとき、「今の幸せを享受する」などという文章を作ることができます。

また、刑務所暮らしをしていた人が、刑期を終えて出所したとき、自由な生活を受け入れて、楽しもうと思うかもしれません。

このような場面で「出所後は、自由を享受しようと元受刑者が思った」などと表現することができます。

さらに、自然を大切にしなければと思いながら、文明の利器による恩恵を受けていると感じている場合、「結局、私は文明による恩恵を享受している」などという文章を作ることができます。

このように、何かを受け入れて楽しんでいる時、「享受」という言葉を使ってみましょう。

「教授」と「享受」の違い

「教授」と「享受」の違い

「教授」「享受」の違いを、分かりやすく解説します。

「享受」は、「受け入れて自分のものとすること。

受け入れて、味わい楽しむこと」
という意味があります。

一方で、「教授」「学問や技芸を教え授けること」という意味があります。

このように、「享受」「教授」は、「きょうじゅ」という同じ読み方をする言葉という共通点がありますが、「教授」「授けること」を意味するのに対して「享受」「受け入れること」を意味する、まるで違う意味を持つ言葉になります。

また「教授」は一般的に、「大学教授」など、教育家、研究者を指す言葉として使われています。

このように、「教授」「享受」はまるで意味の違う言葉だということが分かります。

まとめ

まとめ

「教授」「享受」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、大きな意味の違いがありました。

意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。