スポンサーリンク

「特選」と「厳選」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「特選」と「厳選」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「特選」「厳選」は似たような意味を持っている混同しやすい言葉ですが、「特選」「厳選」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「特選」「厳選」の例文も紹介しながら、それぞれの意味の違いを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

「特選」の意味や使い方

「特選」の意味や使い方

「特選」という表現は、「多くの対象の中から、特に優れたもの(素晴らしいもの)を選び出すこと」を意味しています。

また「特選」には、「品評会や展示会などで、審査を受けて特別に優れている(特に素晴らしい・良質である)と認められる」という意味合いもあります。

「特選」の表現の使い方は、「この懐石料理は特選のわさびを使用しています」のように、「特に優れているものとして選出する」の意味合いで使う使い方になります。

「厳選」の意味や使い方

「厳選」の意味や使い方

「厳選」という表現は、「一般的な基準よりも、厳しい基準を用いて選択や選別をすること」を意味しています。

「厳選」の表現の使い方は、「お客様にはいつも厳選した食材を提供できるようにしています」の文章のように、「厳しい基準で選んだ場合」に使うという使い方になります。

「特選」と「厳選」の違い

「特選」と「厳選」の違い

「特選」「厳選」の意味の違いを、分かりやすく説明していきます。

「特選」という表現は、「多くのものの中から、特別に優れたもの(素晴らしいもの)として選び出すこと」「品評会などで、審査・評価を受けて特に優れている(素晴らしい)と承認されること」を意味しています。

それに対して、「厳選」という表現は「一般的な基準よりも、厳しい基準・条件で選択(選別)すること」の意味合いを持っているという違いを指摘することができます。

「特選」という言葉は「多くのものの中から、優れているものだけを選び出す(順位・序列において上である)」の意味のニュアンスが強くて、「厳選」という言葉は「多くのものを対象にして、厳しい基準・条件でふるいにかける(厳格な基準を満たさないダメなものを取り除いていく)」という意味のニュアンスが強い違いがあるのです。

「特選」を使った例文と意味を解釈

「特選」を使った例文と意味を解釈

「特選」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「私が趣味で描いている油絵が展覧会で特選を受賞して、とても驚いています」 この「特選」を使った例文は、「特選」の表現を、「展覧会で特別に素晴らしい作品として認められて(特に優れている作品ということで受賞して)」という意味で使っています。

「厳選」を使った例文と意味を解釈

「厳選」を使った例文と意味を解釈

「厳選」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「厳選した有機野菜と旬の果物を使っているので、お客様にはきっと満足して頂けると思います」

この「厳選」を使った例文は、「厳選」の表現を、「厳しい基準で選別した有機野菜と旬の果物」という意味を持つ文脈で使っています。

まとめ

まとめ

「特選」「厳選」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「特選」という言葉は、「特別に優れたものとして選び抜くこと」「審査・評価を受けて特別に優れていると承認されること」を意味しています。

それに対して、「厳選」という言葉は「厳しい基準や条件で選択すること」という意味合いを持っています。

「特選」「厳選」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。