スポンサーリンク

「八重山」と「石垣牛」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「八重山」と「石垣牛」の違い地域
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさんは「八重山」「石垣牛」がどのような言葉なのかその内容をご存知でしょうか?
そこでこの記事では、「八重山」「石垣牛」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「八重山」とは?

「八重山」とは?

「八重山」「やえやま」という読み方になります。

この「八重山」は、一般的には「幾重にも重なり合っている山々のこと」を意味していますが、ここでは「八重山列島(やえやまれっとう)」、あるいは「八重山諸島(やえやましょとう)」のことを指しています。

「八重山諸島」は、「南西諸島西部に位置する島嶼群」であり宮古列島とともに先島諸島の一部となっている地域です。

「石垣牛」とは?

「石垣牛」とは?

「石垣牛」「いしがきぎゅう」という読み方になります。

この「石垣牛」「八重山郡内で生産・育成された肉牛のこと」を指しています。

「石垣牛」「登記書・生産履歴証明書を有して八重山郡内で生後約20ヶ月以上肥育管理された純粋の黒毛和種の去勢された雌牛のこと」です。

JAおきなわが登録商標をしており同規定に基づいて疎だれられた和牛なのです。

「八重山」と「石垣牛」の違い

「八重山」と「石垣牛」の違い

ここで「八重山」「石垣牛」の違いをん見て行きましょう。

「八重山」「八重山列島」「八重山諸島」ののことであり、「南西諸島西部の島嶼群で宮古列島と合わせて先島諸島の一部となっている地域」です。

一方の「石垣牛」「八重山郡内で生産・育成された黒毛和種の去勢された雌牛のこと」であり、「JAおきなわが登録商標した八重山郡内で生後20ヶ月以上肥育管理された純粋な牛のこと」を言っています。

このことから「八重山」は地域の名称であり、「石垣牛」はそこで疎建てられた雌牛のことです。

「八重山」の例文

「八重山」の例文

では、ここで「八重山」の例文を見て行くことにいたしましょう。

どのような使い方が考えられるでしょうか? ・『八重山諸島は沖縄本島から南西に500km程の距離いある諸島で、石垣島・竹富島・小浜島・黒島・新城島・西表島・鳩間島・波照間島・与那国島などで成っています』
・『八重山諸島の玄関口ともいえる石垣島は、コバルトブルーの海に囲まれて多くの観光客を招いている』
「八重山」の例文を見ていると、美しい島々に魅了された人々がたくさんいることが伝わっていくような感じがします。

「石垣牛」の例文

「石垣牛」の例文

続いて「石垣牛」の例文を見て行きましょう。

具体的には以下のような文章が挙げられます。

・『石垣牛のほとんどは地元の小売店・飲食店でしか流通ししていないために、国内ではめったに手に入ることがない純正の高級黒毛和牛なのです』
・『石垣牛はブランド牛の大元と言われているのですが、全国のブランド牛の産地に出荷されていくのです』

まとめ

まとめ

ここまで「八重山」「石垣牛」がどのような意味を持っているのか、その違いも見てきました。

「石垣牛」のことを知っている人は少ないかもしれませんが、ここでとのような存在なのかをしっかりとチェックしておきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
地域
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物