スポンサーリンク

「foot」と「feet」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「foot」と「feet」の違い英語・外国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「foot」「feet」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「foot」とは?

「foot」とは?

フットと読み、足のくるぶしから下の部分やステップ、歩兵など足に関わる様々な言葉に使われている言葉で、feetと比較した場合は3分の1ヤード、12インチ、30. 48センチに相当する単位の単数形となり、1footという表現が可能ですが2footは複数形になる為使えなくなってしまい、2feetが正しい表記となります。

さらに日本では1フィート(feetのカタカナ表記)と表記されるケースが多く、単位としてfootが使われることは非常に少なくなっています。

フットボールのフット、フットケアのフットにあたる言葉でもあり、日本においては足という意味合いで使われているケースのほうが多いと言えるでしょう。

また、日本ではフィート単位が使われていないことも単位としてのfootが使われていない要因とも言えますが、これに関して変化することはほぼありえないとすら言えます。

「feet」とは?

「feet」とは?

フィートと読み、長さの単位として使われており、1国際フィートは0. 3048 メートルになります。

1フィートのみfootと呼ぶのはアメリカが中心で、日本では1feetになります。

単位はftとなります。

国際的に使われているケースとしては航空機の高度を示す際で、これは全世界的に使用されていますが、日本においてはメートル法が基準、名残として尺貫法が残っていることもあり、feetが単位として幅広く使われることはありません。

アメリカの自動車などでは乗員スペースやトランクの容積などに立方フィートが用いられていますが、車体の長さなどはインチ表記になっています。

フィートとインチは1フィートは12インチとなっていますが、ミリとセンチほどわかりやすい単位体型ではないのは確かでしょう。

「foot」と「feet」の違い

「foot」と「feet」の違い

「foot」「feet」の違いを、分かりやすく解説します。

footはフットと読み、くるぶしから下の部位の足、ステップなど足が関わる意味の言葉として使われていますが、さらに長さを伝える単位としてフィート単位の単数形で1footという表記をし、2footとは言わず、2feet、3feetとなります。

feetはアメリカなどでよく用いられる単位で、12インチ、30. 48センチに相当します。

日本ではあまり使われていない数値で、海外ホームページであればある程度実用例を確認できますが、インチと混在しており、feetがすべての単位というわけではありません。

まとめ

まとめ

footとfeetは明確につながっている言葉でもあり、1footの2倍は2feetというような複数形の関係にあります。

ただし、feetにはfootにある足関係の使い方はされず、フットボールのフットなどはfootというスペルで意味も同じです。

もともと単位としてのfootも足の大きさから作られたものとなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語・外国語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物