スポンサーリンク

「issue」と「problem」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「issue」と「problem」の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「issue」「problem」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「issue」とは?

「issue」とは?

「issue」の意味と使い方を紹介します。

意味

「issue」は、「外に溢れ出る」「発行・発刊物」「問題点が表れる」という意味があります。

使い方

「issue」は日本語で「イシュー」として使われます。

基本的な意味は「外に出ること」「表れること」であり、このことから出版物を「発行する」という意味で使われています。

また、「議論されるべき問題点」という意味でも使われ、「問題点が浮かび上がってきたこと」を表し、あるものごとについて、賛成する人もいれば、反対する人もいる様なことに使われます。

賛否両論であり、多くの人の前で議論されるべき事柄です。

「problem」とは?

「problem」とは?

「problem」の意味と使い方を紹介します。

意味

「problem」「困った問題」「課題」「難題」「病気」「不調」「厄介な人物」という意味です。

使い方

「problem」「プロブレム」と日本語化していて、「解決すべき困難な問題」という意味で使われます。

そのままにしておくと、状況が悪くなる一方であり、何とかして解決しなければならないことを言います。

一人だけの悩みや問題だけではなく、社会一般的な問題に対しても使われます。

ビジネスでは「プロブレム」はネガティブ要因であり、必ず解決しなければならないものです。

ただ「プロブレムがある」と言うだけでは「ではどの様な解決策を取ったのか」と突っ込まれてしまいます。

「issue」と「problem」の違い!

「issue」と「problem」の違い!

「issue」は、「議論されるべき問題点」という意味です。

「problem」は、「解決されるべき困難な問題」という意味です。

まとめ

まとめ

「issue」「problem」は、問題の重要度が違います。

会議で話し合う時には「issue」、トラブルに遭った時には「problem」を使いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物