スポンサーリンク

「事案」と「案件」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「事案」と「案件」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問題やテーマとして取り上げられている出来事や事件を表す言葉には「事案」「案件」があります。

この記事では、「事案」「案件」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「事案」とは?

「事案」とは現在問題になっている出来事や事件、事柄を表す言葉であり様々な場面で使う言葉です。

「事案」は特に該当する問題が発生している点を重要視するものであり、これに対する解決策や対処の有無はあまり問われないのが特徴です。

「事案」は個人的な出来事や事件に対して使うことも可能であり、さらには社会的な問題や事柄に対しても使われます。

社会的な「事案」は問題提起として議論されるものであり、現在進行形の問題から将来発生する可能性がある出来事や事柄まで含むのが特徴です。

「事案」は日常的に使われる言葉ですが、インターネットスラングとしての使い方があり、こちらはややネガティブな意味として使われます。

インターネットの「事案」は事件性があるものに対してレッテルを貼る時にも使われる言葉であり、使う時には注意が必要です。

このように「事案」は社会的問題や事柄に対して使う言葉であり、これは政治や法律、警察などが使う言葉としても知られています。

「案件」とは?

「案件」とは現在問題となっている出来事や事柄を表すものであり、これに対しては解決策や対処方法を出すことが望まれるのが特徴です。

「案件」は問題に対して解決策や決定、決議を出すことが求められており、特にビジネスシーンで多く使われる言葉となっています。

仕事として出された「案件」はその問題を示しているだけではなく、それを仕事として答えて解決策を出すことが必要となります。

出された「案件」は調査、審議、決議、検討することで具体的な行動取り、これを提出することで報酬を得られる仕組みになっています。

「事案」と「案件」の違い

「事案」は現在問題や事柄が発生している状態を示す言葉であり、これを対処するかどうかは検討中であることが多いのが特徴です。

「案件」も現在発生している問題や事柄を表す言葉ですが、こちらはすぐに対応することが求められています。

そのために「案件」はビジネスシーンでの仕事を表す言葉として使われる言葉としても有名です。

「事案」の例文

・『警察は不審者事案対策の声掛け運動を今月から始め』
・『選挙活動に関する事案が提出されたことから、関心が高まっています』

「案件」の例文

・『フリーランスになってから初めての大きな案件が入ってきたので、真面目に取り組んでいます』
・『その案件に関しては今週末の会議で取り上げる予定なので、もう少しお待ちください』

まとめ

問題になっている出来事や事柄が存在するという意味で使われるのが「事案」であり、さらに解決策を出すことが求められるのが「案件」です。

「事案」は政治や法律の場面でよく使われる言葉であり、「案件」はビジネスシーンでよく使われる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物